AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

  • お問い合わせ

HOME  >  音楽も聴ける新型AIイヤホン翻訳機『Timekettle M2』がついに日本初上陸へ!

公開日:2020.10.26 

音楽も聴ける新型AIイヤホン翻訳機『Timekettle M2』がついに日本初上陸へ!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、AI翻訳を専門とするグローバルメーカー「Timekettle」が手掛ける新型イヤホン翻訳機『Timekettle M2』をご紹介します。

2020年10月15日(木)15時より日本最大級の応援・購入サイトMakuake(マクアケ)にて先行予約販売を開始しました。

『Timekettle M2』とは?

AI翻訳機メーカー「Timekettle」待望の第三弾『Timekettle M2』は、翻訳機として使えるだけではなく、ワイヤレスイヤホンとしての日常使用も可能な最新イヤホン翻訳機です。同社が開発した前々作の世界初イヤホン型翻訳機『WT2 Plus』では叶えられなかった音楽・通話のイヤホン機能を搭載しています。普段はワイヤレスイヤホン、旅行などの外出先で通訳・翻訳が必要になった場合でもアプリ起動で瞬時に翻訳機としても使えます。

製品概要

前作のベストセラー翻訳機『WT2Plus』から更にパワーアップした新作『Timekettle M2』の特長をご紹介します。

3つの翻訳モード

3つの翻訳モードがあるから、状況に応じて便利に使えます。

「タッチモード」

お互いが片方ずつイヤホンを装着します。イヤホン上のタッチ操作で、双方向に翻訳音声が流れます。完全ワイヤレス・リアルタイム翻訳で、より快適で自然な会話が楽しめます。

「リッスンモード」

自分のスマホで相手の話を聴きとることで、スマホには文字起こし、イヤホンには翻訳音声が流れます。「相手を理解する」という当たり前のようで難しかったことがワンタッチで可能になり、外国語での講義やニュース、外国語映像の聴き取りに大活躍します。

「スピーカーモード」

自分はイヤホンから、相手はスマホから話すことで双方向に翻訳します。道を尋ねる、料理を注文するなど簡単な質問や会話で使えます。タッチモードと違って相手はイヤホンをつける必要がないので、海外旅行やビジネスなど初対面の相手でも気軽に使えます。

高い翻訳品質

M2の翻訳エンジンには下記のものをはじめとする世界を代表する翻訳エンジンが使われています。2020年これにより高い翻訳品質を実現しています。いつでも自然な翻訳ができるので安心です。

オンライン翻訳対応言語

2020年10月時点では、40種類93言語のオンライン翻訳に対応しています。オンライン翻訳言語は、商品ご購入後もアプリアップデートにて随時無料更新されます。

オフライン翻訳機能も順次搭載

「オフライン翻訳機能」があるので、インターネット接続がなくても翻訳をすることができます。2020年10月現在、日本語⇄中国語、英語⇄中国語、中国語⇄ロシア語/スペイン語/フランス語に対応。日本語⇄英語など英語を起点としたオフライン対応言語の開発中で、年内の追加搭載を予定しています。

最大30時間の大容量バッテリー

イヤホン単体で最大6時間連続再生可能です。付属の充電ケースと併せて最大30時間まで使用可能です。もう充電の心配をする必要はありません。

「Timekettle」が手掛ける新型イヤホン翻訳機『Timekettle M2』に注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中