AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

  • お問い合わせ

HOME  >  カスタマーサポートに特化したAIチャットボット『KUZENサポート』が機能強化へ!

公開日:2020.10.26 

カスタマーサポートに特化したAIチャットボット『KUZENサポート』が機能強化へ!

チャットボット

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、AIチャットボット『KUZENサポート』をご紹介します。

ノーコード対話AIプラットフォーム『kuzen』を開発する株式会社コンシェルジュは、カスタマーサポートに特化した高機能AIチャットボット『KUZENサポート』の機能を強化しリニューアルしました。
従来のカスタマーサポートでは、簡単な返答であっても人がリアルタイムで対応しなければならず、工数負担、人件費などのコストの面や、お客さまのニーズが多様化への対応が課題となっており、この課題に向けて、大手企業100社以上へのサービス提供経験を活用し、機能強化する運びとなりました。

KUZENサポートの基本機能

『KUZENサポート』はカスタマーサポートに特化した高機能AIチャットボットですが、主な基本機能は以下の通りです。

KUZEN AIが7000万件の問い合わせを自動化

自然言語エンジンを搭載するKUZEN AIに学習させることで、今まで有人化していた対応をチャットボットに置き換えることができ、コストの削減に繋がります。

365日24時間稼働、細やかなシナリオ設計

AIチャットボットが人の代わりとなり365日24時間稼働。細やかな「シナリオ設計」でさまざまな応答方法にも対応します。

プログラミング不要、ノーコードで直感的なUI

プログラミングの専門知識は一切不要です。ノーコード且つ直感的な操作で簡単にチャットボットが作れます。ノードと呼ばれるボックスで指示や質問への回答、条件等を設定し、矢印で繋げていくだけで活用できます。

カスタムデータベースと連携可能

カスタムデータベースや外部システムに連携することで、ビッグデータを活かし、ユーザーのニーズにぴったりの情報をより早く適切に提供することが可能です。

要望を可視化

チャットボットでユーザーとやり取りしたデータは全て対話履歴として蓄積し、そのデータを分析画面で可視化。要望をデータとして把握することができます。

リニューアル・機能強化ポイント

リニューアル・機能強化ポイントを3つご紹介します。

お客さまの声をリアルタイムに収集できる機能を強化

多様なお客さまの要望を自動で対応するため、自然言語処理、自動学習機能をさらに強化し、データシステムとの連携、データ分析機能もリニューアルされています。

各種データをCSV形式でダウンロードできる機能がアップグレード

ユーザーリスト、会話履歴、ユーザー満足度、想定外の質問などkuzenが提供しているデータが保存されているファイルを一括でダウンロードすることができます。

自動入力補助機能が追加

氏名を入力するとふりがなが自動入力、郵便番号を入力すると都道府県と市区町村が自動入力する機能を追加し、ストレスのないWeb接客を実現しています。

『KUZENサポート』導入事例

株式会社Paidyは、事前登録、クレジットカードへの紐付けが不要でメールアドレスと携帯電話番号だけで、瞬時に決済できる機能が特徴の決済サービス『Paidy』を運営しており、2020年8月時点で370万を超える多くのお客様が利用中です。
『KUZENサポート』を導入することで、サービスの基本的な使い方からお支払いに関してまで、24時間365日いつでもお問い合わせ対応ができるようになりました。また、ご利用いただいているお客さま向けのよくある質問をチャットボットに反映することでカスタマーサポート部門へのお問い合わせ集中を軽減できています。

 

コンシェルジュが展開する『KUZENサポート』の新たなリニューアル機能に注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中