AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  チャットボット広告「Penglue」のAIを活用した『離脱予測機能』とは?!

公開日:2020.10.15 

チャットボット広告「Penglue」のAIを活用した『離脱予測機能』とは?!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員のChisatoです。
本日のtopicsは、チャットボット広告「Penglue(読み : ペングル)」が新機能としてリリースした『離脱予測機能』をご紹介します。

LINE公式アカウントを活用したチャットボット広告「Penglue」を提供する株式会社アイトリガーは、2020年10月1日、Penglueの新機能としてAIを活用した『離脱予測機能(特許出願中)』をリリースしました。

Penglueとは?

PenglueはLINE公式アカウントを活用したチャットボット広告サービスです。
1.ユーザーがランディングページやサービスサイトから離脱する際にポップアップバナーを表示し、LINE公式アカウントへ誘導します。
2.LINE公式アカウントにチャットボットを実装し、会話を通じてユーザーの商品購入やサービス登録などの意思決定をサポートします。
3.すぐに購入、登録を行わなかったユーザーにもプッシュ通知を通じて、継続的にお役立ち情報やキャンペーン情報などをお届け。中長期での購入促進が可能です。

機能開発の背景

これまでユーザーがページから離脱する際の特定動作に対してポップアップバナーが表示されましたが、その場合はユーザーが「離脱する」という意思決定を行った後であるということが課題でした。ユーザーが離脱の意思決定を行う前の段階で、LINE公式アカウントへ誘導し、購入や登録にあたってボトルネックになっていた箇所を解決することでCVRの向上に繋げることが可能となりました。

離脱予測機能の詳細

1.解析タグによりユーザーの行動データを取得できます。
2.広告主毎に行動データをAIが学習します。
3.学習したデータを元に離脱行動(戻るボタンやブラウザの閉じるのボタン押下など)直前にLINE公式アカウントへ誘導するポップアップバナーを表示します。

 

アイトリガーが提供するチャットボット広告「Penglue」の新機能に注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中