AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AI(人工知能)の発展で未来はどう変わるか?

公開日:2020.10.09 

AI(人工知能)の発展で未来はどう変わるか?

AI(人工知能)の知識

AIが変える未来

ニュースなどで見かける機会の多くなったAI(人工知能)。
すでに多くの企業がAIを導入していて、仕事の生産性を高めたり、生活を便利にしたりしています。
そして今後、スマートスピーカーなどで質の高い情報収集が可能となるため、AIがさらに発展すると言われているのです。
AIによって未来はどのように変わっていくのでしょうか。
記事では、AIが作る未来の影響と今からしておくべきことについて解説します。

すでにAI(人工知能)はあらゆるところで活躍している

スマートスピーカーなどの普及のおかげで、企業は過去数年よりも圧倒的に多い情報を獲得しています。
そのおかげで、質の高い情報が必要なAIも急速に発展しているのです。

もはやAIは未来の技術ではありません。
すでにあらゆる分野で活用され、私たちの生活に大きな影響を与えているのです。
身近な例で挙げると以下の通り。

  • 動画配信サービスやオンラインショッピングのレコメンド機能
  • 医療診断
  • スマホのAIアシスタント
  • チャットボット
  • AI搭載ロボット
  • 自動運転車

ほんの一例を見るだけでも、AIの登場により生活が変わったと実感できるはずです。
しかし、AIの活躍は始まったばかりであり、これからさらに発展すると考えられています。

AI開発企業への投資額は年々増加しており、アップルやグーグルなどの巨大企業はAI開発に数十億ドルも費やしているのです。
各国政府もAI開発を推奨しており、近い将来より大きな変革が起きる可能性は十分にあります。
だからこそ、今のうちから未来予測をして、適切な準備を進めることが大切なのです。

AI(人工知能)が未来の社会や仕事に与える影響

AIが未来に与える影響

AIの発展は仕事に大きな影響を与え、結果的に生活がより安全で便利なものになります。
一方で、AIやロボットに仕事を奪われないのかなどの不安もあるはずです。
ここからは、AIの発展が未来の社会と仕事に与える影響を見ていきます。

仕事面

AIを導入することで、仕事の生産性が向上します。
AIは繰り返しのタスクが得意なので、毎日行う小さな仕事はAIに任せ、人間は創造性の高い仕事に集中できるようになるのです。
簡単に言えば、業務時間内に行う仕事の数が減るため、生産性が上がりミスは減るでしょう。

AIは仕事に大きな恩恵を与える一方、未来ではAIが人間の仕事を奪うとも予測されています。
シンプルに考えると分かりやすいですが、AIが仕事を担うということは、人間の仕事量が減るということ。

他の仕事に集中できる人が増える一方、暇になる人も出てくるわけです。
AI導入により、10人チームが7人や5人チームになることさえあります。

「私の仕事はロボットに奪われないかな?」と思う方への回答は、あなたの仕事がどれだけ単純作業かによります。

例えば、一般事務作業やレジ係、検品などはAIの得意分野です。
24時間休むことなく働き続けられ、人間よりもミスが少ないので、未来ではAIの仕事になる可能性は高いでしょう。

見方を変えれば、AIができないクリエイティブな仕事や複合判断が必要な仕事は、未来でも奪われる可能性が低いです。

また、コミュニケーション能力が大切になるかもしれません。
リストラにする社員を選ぶ際、同じ能力の2人なら協調性があったり、上司に好かれていたりする方が選ばれるはずです。

AIが発展した未来では、一層コミュニケーション能力が重視されるでしょう。

「AIが仕事を奪う」とは言っても、AIは人間の敵ではありません。
適切なスキルさえ身に着けておけば、仕事の生産性を高めてくれる仲間になるのです。

生活面

未来にAIがより発展することで、私たちの生活が安全で便利なものになるのは間違いありません。
ありとあらゆる面で変化が起こりますが。ここでは2つに絞って解説したいと思います。

1つ目がパーソナライズ化です。
パーソナライズ化とは、個々人に合った商品やサービスを提供すること。
オンラインショッピングのレコメンド機能が分かりやすい例です。

現在は商品や動画のレコメンド機能ばかりですが、AIが発展した未来では、あなたの気分にぴったりの食事の提案や広告表示さえも可能になります。

近い未来、ひとり一台パーソナルAIをもって、究極のパーソナライズ化されたライフスタイルを送る日が来るかもしれません。

2つ目は少し大きな話になりますが社会問題の解決です。
例えば、カリフォルニア大学はAIを活用して、ホームレスを減らす取り組みを実施しています。
AIがデータ分析をして、解決策を導き出すというもの。

近い未来では、AIが地球温暖化防止のために使われる可能性さえあります。
具体的には、高精度センサーなどを活用し、都市の排気ガス量などのデータを集め、AIに分析させて解決策を見つけるというもの。

他にも、車に取り付けたセンサーから得た情報をAIが高速処理して、事故などの予知と防止も可能です。

どのようにAI(人工知能)が変える未来に準備するべきか?

AIの未来に備える

見てきたように、AIは生活を便利にしてくれますが、仕事においてはライバルにもなりえます。
そのため、すぐに訪れるAIが仕事の代わりをする未来で生き残るためにも、新たなスキルの取得が必要となります。
中でも、仕事の多くが単純作業の方は危機感を持ったほうがいいでしょう。

何をすればいいのかわからないと悩む方は、まずはAIに関する知識を身につけましょう。
これからAIは英語のように世界共通の知識となります。
AIの仕組みやできることを理解することで、あなたが身に着けるべきスキルが判明します。
普段からAIを意識して生活を送り、AIができない分野を考えるようにしましょう。

そして、新たなスキルを学ぶのなら、プログラミングがおすすめです。
未来でAIに最も仕事を奪われる可能性が低いのは、AI開発者です。
プログラミングを学んで、AI開発に関われるようになれさえすれば、多くの仕事を得られるでしょう。

AI開発に興味がないとしても、近い未来のためにプログラミングを学んでおいて損はありません。
その理由は、AIが発展することで新しい仕事が生まれると言われているから。
そして、新しく誕生する仕事の大多数がコンピューターを使ったものなのです。
今後、プログラミングは英語のように世界共通言語となる可能性があります。

いくつかあるプログラミング言語の中でも、世界中で人気の高まっているPython(パイソン)は学びやすくておすすめです。

すでに大企業は未来に向けて対策を始めています。
アマゾンは約756億円をかけて従業員トレーニングを提供する予定です。

AIの発展で仕事を奪われないためには、スキルアップが必要不可欠。
まだ数年の期間はあるので、早めに対策しておくといいでしょう。

まとめ

すでにAI(人工知能)は私たちの生活のいたるところで見られますが、まだまだ活躍は始まったばかり。
さらにAIが発展した未来では、日常生活は向上し、大きな社会問題の解決にも期待できます。
しかし、良い面だけではなく、今の仕事がAIに奪われるリスクもあるのです。
そうならないためにも、今のうちからAIに関する正しい知識を身に着け、新たなスキルを学び始めましょう。
特に、単純作業やマニュアルワークが多い方は、未来を見据えた学習が重要になります。

関連記事:おすすめAIセミナー3選!AIのことをセミナーですぐに学ぼう

    :AIエンジニアとは?仕事内容やAIエンジニアになる方法を解説


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中