AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AIを利用した医療の現状や実例、メリットデメリットを徹底解説

公開日:2020.08.07 

AIを利用した医療の現状や実例、メリットデメリットを徹底解説

AI(人工知能)の知識

AI 医療

こんにちは、AI研究所です。
近年、AIはついに医療にも利用されるようになりました。
AIが医療にどのように使われているのかと言うと、

  • AIロボットを利用した手術
  • 医療用のAI画像分析

などにも使われています。
今回はそんなAIを活用した医療の実例と、AI医療のメリット・デメリットをご紹介していきます!

AIを活用した医療の実例

AIを活用した医療には、

  • 医用画像AI分析
  • 医療施設内での見守りサービス
  • 生活習慣病のリスクをAIで予測
  • インフルエンザの流行を予測するAI
  • ネイルのような形をしていて健康状態や病気の進行具合を分析するサービス
  • AIで症状を入力し病名を推測してくれるスマホアプリ

のような実例があります。
医療にAIを活用すると一体どんな効果があるのか、と知りたい方がいるかもしれません。
そこでこの中の2つのAI医療にフォーカスを当てご紹介していきます。

医用画像AI分析

AI医療

AIを医療に活用したことで、医療の業界が劇的に変化しつつあります。
例えば、医用画像AI分析です。この医用画像AI分析には、

  1. 放射線画像
  2. 内視鏡画像
  3. 超音波画像
  4. 皮膚疾患画像
  5. 眼底検査画像
  6. 病理画像

といった6つの画像のデータを集め、AIが悪い菌を特定してくれます。
そしてこの悪い菌があるデータをどんどん増やし、AIに読み取らせることでより正確な判断ができるようになるのです。
医用画像AI分析はディープラーニングという技術を使って分析します。
正常なケースと悪い菌、疾患が疑われるケースを種別に大量に分析することで疾患の判別ができるようになるのです。
ディープラーニングについて詳しく知りたい方は「【2020年版】AI(人工知能)とは?誰でも簡単にわかるディープラーニングの仕組み」を参考にしてください。
では、次に、AIを使った画像分析の効果を少し見ていきます。

医用画像AI分析の効果

医用画像AI分析の効果3つを下にまとめていきました。

  • 検査時間を大幅に削減
  • 医師の画像比較作業の負担を軽減
  • 見落としリスクを削減

医師が画像分析した方が信頼できる、と考えている方がいるかもしれません。
ですがAIは、人間が見逃しそうな悪い菌を必ず見つけてくれます。人間はミスをしてしまう生き物だからですね。
ゆえに人間では見逃してしまうことでも、AIでは見逃すことはまずないため、AIが医療に活用され始めています。

生活習慣病のリスクをAIで予測

最近問題となっている生活習慣病についてご存知の方も多いはずです。
SOMPOホールディングスグループと東芝グループが共同で生活習慣病のリスクを予測する、AIを開発しました。
その結果生活習慣病による、病気の発症率を予想することができるようになったのです。
また、生活習慣病のリスクを予測する他にも、健康保険料までも予想してくれる優れたAIです。

スマホで診断できるAI医療アプリの事例

AI医療

体調が悪くなった時、なんの病気なのか、どこの診療科にかかればいいのか迷うことってありますよね。
その悩み、これからはAIが解決してくれます。
スマホで気になる症状の質問に答えていくことで、有益な情報を与えてくれます。
国内で最も使われているAI医療アプリ「アイメッド」の事例を紹介していきましょう。
アイメッドは株式会社ネクシィーズグループと湘南美容クリニックグループがタッグを組んで開発しました。

  • AI診断による病名の推測
  • 口コミで評価の高い病院の検索
  • スマホで行うオンライン診療
  • 処方箋や薬は自宅に配送

などの機能がある、日本最大規模の医療アプリです。
人工知能の力をフルに活用しているのが「アイメッドAI予測」の機能。
気になる症状についての問診に答えていくことで、AIが可能性の高い病気を推測し、緊急度や診療科の紹介までしてくれます。
ビッグデータを活用し精度がかなり上がっていますよ。
LINEのようなチャット形式で質問に答えていくだけで操作もカンタン。
医師がAIに代替される日も遠くないかもしれません。

AI医療のメリット・デメリット

AI医療

先程もAIの進展により世界の医療は、劇的に発達している、と書きました。
ですが「AIは危険」「AIなんて信用にならない」と思っている方が中にはいるかもしれません。
そこでAIを活用した医療のメリット、デメリットを解説します。
AIの危険なところやAIのいいところについて注目です。

AI医療のメリット

AIが発達することで「自動車関係の仕事などにAIが支配するのではないか」との声がありますが、医療はどうなのでしょうか。
調べた結果、医療でのAIはあくまで補助ツールであり医師が必要とされることに変わりない、という声が多くありました。
つまり医療では全てAIに丸投げするのではなく、医師が細かな判断をするということですね。
そしてAIのメリットは主に

  • 膨大な構造データから効果的な治療法をだす
  • 必要性の低いナースコールが減る

ことですね。
必要性の低いナースコールが減ると、看護師はより一層本来の業務に集中できるようになります。
また、AIに大量の構造データを読み取らせることで患者に合ったより効果的な治療法をだすことも可能になるのです。
しかし医療でのAIは、AIに全て丸投げするのではないためまずは医師に効果的な治療法の提案をしてもらうことになります。
ゆえに、医師が気づかなかった治療法が出てくるかもしれないですね。

AI医療のデメリット

しかし医療にAIを活用する上で、デメリットももちろんあります。
それはディープラーニングの奥に潜む、現在ではまだ明かされていないAIの本質です。
このディープラーニングの奥のことは「ブラックボックス化」と呼ばれています。
ブラックボックス化はAIを導入した人でも、AIの思考の奥底が分からなくなってしまう現象のことです。
例えばニューヨーク証券取引所や東証を始め、世界的な金融市場でときに発生する「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれる相場の大幅な乱高下です。
そこで大幅な乱高下の原因となっているのが、証券の自動取引システムなどに搭載されている”ディープ・ニューラルネット”の暴走と見られています。
そして、このようなアクシデントが起きたあと、AIを搭載させたエンジニア達はどのように語ったのでしょうか。
エンジニア達は「なぜシステムが暴走したのか、その理由は私たちにも分からない」と決まって答えるのです。
これはAIを利用した医療でも同じようなことが起こってしまう可能性があります。
AIが様々な治療法を編みだし、

  • 「こんな治療法もあったのか」
  • 「なぜ、この治療法にしたのか」

とAIが自ら様々な発見をしていくようになりますが、
これらを人間が制御できなくなってしまう可能性もあります。
これがAI医療のデメリットと言えるでしょう。

AI医療はどんどん技術が向上している

昔は「AIに医療を任せるなんて」と言われることが多かったAI医療ですが、
今では人間が行う医療の”お手伝い”となって来ています。
AIのみで医療を行うにはまだまだかと思いますが、医療の人たちを支えてくれる役割になってくれるといいですね。

AIを活用した医療のまとめ

AI医療まとめ

今回は、AIを活用した医療について深掘りしていきました。
AIのブラックボックス化はAI医療にとって恐ろしいものには変わりありませんが、
AIを活用することで、人間の医師が今まで気づかなかった治療法を見つけることができるかもしれません。
AIでの医療は便利であり日本の発達も見込めるので、もう少し普及されるといいですね。


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中