AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  効果的なプログラミング学習でAIエンジニアとして成長できるEラーニングとは

公開日:2020.06.29 [最終更新日]2020.06.27

効果的なプログラミング学習でAIエンジニアとして成長できるEラーニングとは

AI(人工知能)の知識

効果的なプログラミング学習でAIエンジニアとして成長できるEラーニングとは

AIの学習をしてエンジニアとしての力を付けたいときにはITの専門学校や通信教育を利用する方法もありますが、Eラーニングもよく活用されるようになってきました。Eラーニングとはどのような学習システムなのでしょうか。この記事ではEラーニングの一般論と、AIエンジニアが活用するメリット、Eラーニングの機能について紹介します。

Eラーニングとは何か

AEラーニングはインターネットを利用してオンラインで学習するシステムを一般的に指します。LMS(Learning Management System)と呼ばれる学習管理システムを使い、システム上に搭載されたアプリケーションを利用して学習を進めていく形式が多いですが、ビデオ通話ソフトなどの一般のソフトウェアを利用して講座を受講できる形式のEラーニングも増えてきています。企業では社内研修や人材教育のために積極的にEラーニングを取り入れるようになりました。インターネット環境とシステムにアクセスするための端末があれば学習を行えるため、社員を研修室に集める必要もなく、規模にもよらない研修を実施できるからです。

Eラーニングを用いたプログラムは様々な教育サービスでも導入されていて、オンライン英会話スクールや早期教育のための学習講座などが初期から広く利用されてきました。Eラーニングはオフィスだけでなく自宅でも受講できるため、ビジネスパーソンがリモートワーク中に学習するツールとして注目され、導入が活発に進められるようになっています。個人で気軽に自宅で受講できるため、新しいスキルの習得のためにEラーニングを利用する人が増えてきているのが現状です。

効果的なプログラミング学習でAIエンジニアとして成長できるEラーニングとは

AIエンジニアやプログラミング学習にもEラーニングは有用

Eラーニングのカバーする分野は飛躍的に広がってきています。学びたいと思う人が多いトレンドの分野ではオンラインプログラムを提供する企業が急速に増えていて、開催される講座の内容も初心者向けから専門職向けまで多岐にわたるようになりました。AI分野はエンジニアの間で人気が高く、学習機会を手に入れたいと考えている人が増えています。それに加えて経営者レベルでもAI事業を起こしたいと考えるケースが増えていることから、ビジネス向け、エンジニア向けのプログラムがそれぞれ提供されるようになっています。

自分の学びたい内容にあったEラーニングを選ぼう

特にAIエンジニアを目指す人たちに向けたプログラムは充実してきました。AIとは何かという初歩から学習を開始して数回から十数回の講義を受講して演習を行うだけで、ディープラーニングや強化学習などを使いこなせるエンジニアに成長できるカリキュラムが策定されている講座がたくさんあります。短期トレーニングで3日から1週間で終えられるものもあるため、すぐにでもAIエンジニアになりたいという人にも大きな魅力があるでしょう。

一方、AIエンジニアとして必要なスキルの一部に特化した講座も増えています。機械学習やディープラーニングに特化した1回で終えられる講座も、数ヶ月間かけてじっくりと学べるプログラムもあります。苦手意識を持っているエンジニアが多いプログラミングに関してもレベルに応じた受講が可能です。AI分野で基本となるPythonの入門講座もあれば、Pythonを使った応用演習を中心にした講座もあり、さらには実践編として実装部分までカバーしているものもあります。実際に手を動かしてプログラミングを行える仕組みになっているので、即戦力となる実力を身につけられるでしょう。

知っておきたいEラーニングの機能

Eラーニングにはどのような機能があるのでしょうか。提供している企業によって機能には違いがありますが、一般的に搭載されている機能について紹介するので活用していきましょう。

オンラインテキストをいつでも読める

LMS上にはオンラインテキストが用意されていて、いつでも自由に読める仕組みになっているのが一般的です。テキストを読みこなす形式のEラーニングの場合にはしおり機能も付いていることが多く、隙間時間を使って少しずつ読み進めていくのも簡単です。テキストだけでなくプログラミングのチップスなどの様々な教材や資料がアップロードされているケースも多くなっています。

ライブ配信を視聴できる

Eラーニングではライブ配信を視聴できます。指定の日時にアクセスすることで講師の授業をビデオで視聴できる仕組みになっていて、疑問に思ったことは質問も可能です。配信中に他の参加者とのコミュニケーションも取れるシステムになっている場合もあり、学習と同時に情報共有もできるでしょう。

問題演習を行える

LMS上で問題演習を行える仕組みのプログラムもよくあります。システム上で作業をして提出すると自動で採点が行われるものもあれば、講師に提出する形になっていて添削後にフィードバックをもらえる形式もあります。AI講座ではプログラミング演習によく用いられていて、Pythonもシステム上で使えるのが通例です。

学習成績の管理ができる

Eラーニングでのライブ配信への参加や教材の利用、問題演習の結果などの状況は全てLMS上で管理できるシステムになっているのが一般的です。学習成績に基づいてどんな演習をしていくべきか、どの領域が苦手かといった分析結果を表示したり、さらにおすすめの講座を提示したりする機能まで付帯しているシステムもあります。

チャット機能で質問できる

Eラーニングの講座では講師とチャットで相談できる機能がある場合がほとんどです。講師が常時待機していてくれて、チャットにアクセスすると自由に質問できる仕組みになっています。課題の内容だけでなく、学習計画の立て方や将来計画まで相談に応じてくれる講座もあります。

スケジュール管理も行える

計画的に学習を進めるのはEラーニングにおいて重要なことです。そのスケジュール管理もLMS上で行えるようになっています。アラート機能があってライブ配信の前に通知を表示するようにしたり、Eラーニングを始める時刻を入れておいてアラートで忘れないようにしたりすることが可能です。
AI研究所でもセミナーにお申し込み後120日間いつでも視聴可能なEラーニングを設けておりますので、是非チェックしてみてください!
AIビジネスに直結するAI攻略セミナー

Eラーニングを有効活用して成長しよう

Eラーニングを活用するとオンラインで様々なプログラムを利用して学習を進められます。AIエンジニアになるための講座が充実してきていて、レベルに応じた内容を自分のペースで学んでいくことができます。ライブ配信の講義を受けたり、プログラミング演習をしたりしながら着実に力を付けられるので、Eラーニングを有効活用して成長を目指しましょう。


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中