AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  ITビジネスで注目を集めているAIエンジニア!必要になるスキルやおすすめの研修はある?

公開日:2020.06.26 [最終更新日]2020.07.20

ITビジネスで注目を集めているAIエンジニア!必要になるスキルやおすすめの研修はある?

AI(人工知能)のセミナー

IT業界では様々なエンジニアが活躍していますが、中でも注目を集めているのがAIエンジニアです。
人工知能の開発が進み、様々な分野でAIが利用されるようになっていますが、AIの開発に携わるAIエンジニアのことをあまりよく知らない方もいるでしょう。
今回はAIエンジニアになるために必要なスキルや技術、おすすめの研修などAIエンジニアを目指す人に役立つ情報を紹介していきます。

AIエンジニアはどのような職業?


AIエンジニアというのは、AIの開発に関わるエンジニアのことです。
明確な定義はなく、単純にAI開発を行うエンジニアのことを呼ぶ場合もあれば、AIのデータ解析を行う人をAIエンジニアと呼ぶ場合もあります。
AI開発に必要になる機械学習を行う機械学習エンジニア、AIで大量のデータを解析し新しいビジネスを開拓するデータサイエンティストなどもありますが、どちらもAIに関連するエンジニアということでAIエンジニアと呼ばれることが多いです。

AIエンジニアになるためにはどんな知識やスキルが必要?

数学に関する知識は必須

AIエンジニアになるために、数学に関する知識は必要不可欠です。
しかし、数学の専門家のようなプロレベルの知識は必要なく、統計学や確率論、微分積分学などの分野を理解しておけば問題ないでしょう。
中でも特に重要になるのが線形代数学です。
線形代数というのは代数を簡略化させたものですが、プログラミングの学習では複雑なデータや処理を簡略化させる必要が出てくるため、その時に線形代数学が役立つというわけです。
プログラミングの考え方と似た数学なので、線形代数学をしっかり学んでおけばAIエンジニアの仕事に活かすことができます。

機械学習のスキルも必要になる

AIの開発を行う際、必ず機械学習が必要になります。
機械学習にはPandasやgenismなどのライブラリ、ChainerやTensorFlowといった深層学習のフレームワークが存在します。
こういったフレームワークを駆使して機械学習を行いAIを開発していくことになるため、AIエンジニアになるために機械学習のスキルは必須です。

プログラミングのスキル

他のエンジニアと同じように、AIエンジニアもプログラミングのスキルを持っていなければ開発ができません。
LispやJulia、SQLなど様々なプログラミング言語がありますが、中でもAIの開発によく使われるのがPythonです。
開発環境によって必要になる言語は変わるため、Pythonを軸に複数の言語を扱えるようになっておくとよいでしょう。

統計学に関する知識

AIを開発する際にディープラーニングという手法が使わることも多いですが、この手法ではどのようなインプットをAIに与えるかが重要になります。
この時に必要になるのが統計学に関する知識です。
確率分布や標準偏差、検定などの理解を深めておけば、AIに最適なインプットを与えることができるようになります。

持っていると役立つ資格もある

AIエンジニアになるために資格は必要ありませんが、持っておくと役立つ資格もいくつか存在します。
おすすめなのは日本ディープラーニング協会のG検定とE資格です。
どちらもディープラーニングの実装に関する資格となっているため、AIエンジニアを目指しているなら取得して損はないでしょう。

AIエンジニア向けの研修やセミナーは?

機械学習の研修を受けておけば役に立つ

AIエンジニアになりたいけれど、AI開発に関する基本的な知識が身に付いていないという方は、機械学習のセミナーや研修に参加するとよいでしょう。
機械学習はAI開発に欠かせないものですが、人によっては独学で学ぶのが難しいという方もいます。研修に参加すれば、専門家から直接機械学習に関する知識やスキルを学ぶことができます。

プログラミングを学ぶことができる研修

IT業界でエンジニアとして働きたいという人が多くなっているということで、プログラミングのセミナーや研修もたくさん開催されています。
AIエンジニアも多数のプログラミング言語を扱う必要があるため、研修に参加して基本的なスキルを身に付けておくことも大切です。
ただし、プログラミング言語には様々な種類があり、それぞれ活用できる場面が変わってきます。
研修を受けるならAIエンジニアに必要不可欠なPythonやLispなどを学べる研修に参加するとよいでしょう。

オンラインセミナーもおすすめ

研修やセミナーの中には、オンライン上から参加できるものもあります。研修に参加したいけれど家の近くで開催されていないという方もいるでしょう。
オンラインセミナーなら自宅から気軽に参加できるので、インターネット環境さえあればどこに住んでいても関係ありません。
無料のオンラインセミナーを開催しているところもあるので、セミナーがどのようなものか興味がある方は、試しに参加してみるとよいでしょう。

1日でAIのプロジェクト促進能力向上!AIビジネスセミナー

まず試したいのが1日でAIに必要な知識を身につけるセミナーである「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」。
AIの知識は非常に幅広く、それを体系的に学ぼうとすると非常に多くの時間を費やしますが、「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」は業務で使うのに必要な知識に絞って学ぶことができるため、1日で体得できる構成となっています。
大切なのは知識をつけるだけでなく、実務に落とし込めて業務に効果がでること。
すぐに業務に活かせるようなAIの知識・スキルを身に着けることをゴールとしているため、セミナー受講後、すぐにAIのプロジェクトを進めることができるようになるのが特徴です。
まずAIについて学ぶ際のファーストステップとして、活用してみてはいかがですか?
詳細・お申込みはこちら

研修でAIエンジニアに必要なスキルを身に付けたらどんな仕事ができる?

電機メーカーや自動車メーカーへ就職する人も多い

AIエンジニアの研修を経て、大手電機メーカーや自動車メーカーへ就職する人も多くいます。
自動車メーカーでは自動運転技術の開発を積極的に行っているため、AIエンジニアの需要も非常に高いです。
自分の判断で部屋を掃除してくれるロボット掃除機や、外気や室温などに合わせて自動的に運転を切り替えるエアコンなど、AI家電の需要も高くなっているためAIエンジニアを積極的に受け入れている電機メーカーも多くなっています。

大学などの研究機関でもAIエンジニアは活躍している

大学などの研究機関では、当たり前のようにAI分野の研究が行われています。
研究室の数も増えているため、AIエンジニアの活躍の場としては最適な就職先と言えるでしょう。

どんどん増えているAIベンチャー

様々な分野でベンチャー企業が注目されていますが、AIブームでどんどん成長を遂げているのがAIベンチャーです。
サービス業や金融業など様々な企業向けにAIを開発している会社や、ロボット開発を積極的に行っているところ、AIに関連したソリューションサービスを提供している企業など様々なAIベンチャーがあります。
開発分野も多種多様なため、AIエンジニアとして色々な働き方ができるでしょう。

 

AIエンジニアにおすすめのAI研修の紹介

AIエンジニアになるための3日間集中セミナー

AIの実装に必要なアルゴリズムや知識を集中して学べるセミナーです。

AIプログラミングは1から学ぶと非常に多くの時間を費やします。
「AIエンジニアになるための3日間集中セミナー」は、AIプログラミングでよく使用する機能に絞って学ぶことができるため、3日間でAIの実装に必要なアルゴリズムや知識と、それをPythonで実装できるようになるセミナー構成となっています。
詳細・お申込みはこちら


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中