AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  ビジネスに役立つプログラミングを学びたい!AIエンジニアに役立つスクールとは

公開日:2020.06.26 [最終更新日]2020.07.01

ビジネスに役立つプログラミングを学びたい!AIエンジニアに役立つスクールとは

AI(人工知能)のセミナー

プログラマーやエンジニアは人材不足と言われています。
それは日本だけではなく世界的に見ても、プログラミングに対する技術や知識を持っている人材が少ないため深刻化しているのです。
プログラマーやエンジニアへのニーズが高まっているチャンスを活かすために、プログラミングの学習への関心が深まっています。
プログラミングが学べるAIスクールの特徴やAIスキルが役立つ仕事について解説します。

AI開発とは?


AIは目覚ましい発展を遂げ、生活の中に次々と取り入れられています。
日常生活をより豊かに便利にするためにAIが活用されているのが特徴です。
多くの企業がAIを導入したりAI開発に着手したりしています。
そもそもAIとは人工知能のことを指し、開発するためには専門的なプログラミングの技術が必要です。
プログラミングにはプログラミング言語を使用しますが、AI開発では特に効率よく開発できるAI言語と呼ばれるものを使用します。
代表的なAI言語はPythonやLispなどです。
またAI開発には、機械学習とディープラーニングという知識が必要不可欠になります。

機械学習とは、コンピューターに人間の学習能力と同じような学習機能を実現するための技術を指します。
人間が学習を行うことによって様々なことを覚えたり、できるようになったりするのと同じように、コンピューターにも学習能力を持たせようというものです。
ディープラーニングとは深層学習であり、簡単に説明すると人間が手を加えなくてもコンピューターが自分でデータ解析を行い賢くなっていくことになります。
これらの専門的な知識を用いAI開発を行いますが、構想・検証・実装・運用という流れで開発されるのが一般的です。

構想では、AIを導入することで企業の業務や事業が自動化できるかを考察し、必要なデータを収集し整理します。
また、どんなに便利なAIであってもビジネスとして利益を生み有効でなくては意味がありません。
導入することによって、どのような利益を見込めるかも含めて構想することが重要です。
次に仮モデルを構築し、実現可能な構想かどうかを検証していきます。
その後、仮モデルを実際に運用可能な精度に高めシステムを構築していき実装し、最後に運用するというのが開発の流れです。

AIスクールの特徴

プログラマーやエンジニアとして活躍したい場合には、AIスクールを活用するのも一つの方法です。
独学でも学習は可能ですが、時間がかかるため効率的ではありません。
JavaやPythonといった様々なプログラミング言語を学習するためには、学習カリキュラムが確立されているAIスクールが最適です。
AIスクールでは専門のインストラクターから指導を受けることができますし、最新の情報に基づいた学習を行うことができます。
AIスクールの学習スタイルも、通学やオンライン学習などがあるので自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが可能です。
ディープラーニングの基礎から学べる初心者用の講座や一つのプログラミング言語に特化した講座などがあります。

独学で学習が行き詰ってしまったり、プログラミングを学びたいけれど何から手を付けたらいいのかわからないという場合には、AIスクールでの学習を検討してみましょう。
わからないところはインストラクターに質問できますし、スクールによってはグループ学習を採用しているので学習について情報交換したり刺激しあったりしてモチベーションを高められることが魅力です。

AIスクールの選び方


AI開発に注目が集まる中、プログラミングを学習できるAIスクールが人気です。
AIスクールは特徴や必要になる費用、学習スタイルなどが異なるため自分に合っているAIスクールを選ぶことが大切になります。
AIスクールを選ぶ際には、まずAIスクールで何を学びたいのかという目的を明確にしましょう。
例えば基礎知識を身につけたいのか、ビジネスや転職に役立つスキルを求めているのかなどによって適したAIスクールが見えてきます。
初心者の場合には、入門的なコースがありインストラクターのフォロー体制が充実しているスクールがおすすめです。
転職のためのスキルアップが目的ならば転職支援サービスの評判の良いスクールが適しています。

短期間で集中的に学習を行いたい場合には通学コース、仕事と学習を両立したい場合には時間を有効活用できるオンライン学習コースを選ぶなど学習スタイルで選ぶこともポイントです。
どんなに評判の良いAIスクールでも通学に時間がかかってしまうと負担が大きくなってしまうので、通学時間なども事前に考慮しましょう。
無料体験受講などで実際のカリキュラムやスクールの雰囲気などを確認しておくと安心です。

AIスキルが役立つ仕事とは?

AIスキルが役立つ仕事として有名なのがAIエンジニアです。
AIエンジニアはAI開発を行い、AIのデータ解析を行うための専門技術をもった人のことです。
AIエンジニアの仕事は大きく分けて、プログラミングが中心の機械学習エンジニアと、データの分析や解析を中心に行うデータサイエンティストの2つになります。
AIエンジニアとして活躍するためには、この2つの仕事をバランスよくこなせることが必要です。
AIエンジニアの主な就職先は、IT企業になります。IT技術によって商品を開発したり、サービスを提供したりするなどIT企業にとってAIエンジニアは必要な人材です。
大手企業やベンチャー企業、web系企業など、様々な場所でAIエンジニアが活躍しています。

企業への就職以外にも、派遣社員やフリーランスとして働くことも可能です。
また専門的な技術者として大学の研究職や研究施設などに勤務するケースもあります。
AIエンジニアは世界的にも需要が高く、日本の優秀なAIエンジニアを積極的に採用しようとする海外の企業も少なくありません。
確かな技術力があれば、海外の企業でエンジニアとしてグローバルに活躍できるチャンスもあります。
AI開発に乗り出す企業は増加傾向にあるため、AIエンジニアの売り手市場は続くと予測されています。

スクール前にセミナー受講もオススメ!AIビジネスセミナー


まず試したいのが1日でAIに必要な知識を身につけ、促進能力を向上させる「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」。
AIの知識は非常に幅広く、それを体系的に学ぼうとすると非常に多くの時間を費やしますが、「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」は業務で使うのに必要な知識に絞って学ぶことができるため、1日で体得できる構成となっています。
大切なのは知識をつけるだけでなく、実務に落とし込めて業務に効果がでること。
すぐに業務に活かせるようなAIの知識・スキルを身に着けることをゴールとしているため、セミナー受講後、すぐにAIのプロジェクトを進めることができるようになるのが特徴です。
まずAIについて学ぶ際のファーストステップとして、活用してみてはいかがですか?
詳細・お申込みはこちら


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中