AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  おすすめAIセミナーのメリットを比較

公開日:2020.06.26 [最終更新日]2020.07.01

おすすめAIセミナーのメリットを比較

AI(人工知能)のセミナー

話すと家電の操作をしてくれるAIスピーカーやスマートフォンのアプリなど、AIはすっかり生活に浸透しています。しかしAIについての知識は詳しくない人も多いでしょう。
AIセミナーを利用することでこれからの仕事にもAIを活かせるようですが、一体どんな内容なのでしょうか。
ここでは、AIについて学びたい人やAIエンジニアを目指したい人にぜひ参加してほしい、おすすめのAIセミナーのメリットを比較していきます。

AIセミナーとは


AIセミナーは、人工知能について知りたいと思っている人や仕事にAIを導入していこうとしているビジネスマン、機械学習を学びたいエンジニアなどに向けた講座があります。
東京をはじめ、様々な都市で開催されていますが、「ライブウェビナー」や「Eラーニング」などオンラインで行われるセミナーも開催されています。
受講時間も3時間から長いものでは丸1日かかるので、しっかりとA Iについて学ぶことができます。
初心者用では、人工知能が何なのかを学んだり職場に導入するための方法を考える講座や、AIエンジニアに必要なスキルを身につけるための講座や、プログラマーでなくてもAIプロジェクトのためのAIデザイナーを育成するセミナーもあります。
就職や転職に役立つスクールもいくつか行われています。

AIセミナーの特徴やメリットとは

AIについて知らないと、会社で導入したいと思っても比較検討することができないものです。
AIを使っているイメージを想像することも難しいでしょう。
AIセミナーの特徴は、全くAIについての知識がない人でも、「AIとはどういうものなのか」「どんなことができるのか」という疑問に対して一般的に活用されている事例を示して説明しています。
セミナーを通して、AIにまつわる知識や、簡単で手軽なAIツールを知ることができます。
また、職場に導入するにはどうすればいいかを学べます。初心者向けの講座では、まずAIの活用事例を具体的に挙げることで、身近な人工知能を認識します。
次にAIの歴史や背景、導入することによって増えることが予想される業務についても学びます。

AIの仕組みについての講義では、基盤技術や応用技術、AI導入にあたっては、どんな段階で導入したらいいか、そのポイントについても勉強できます。
またAIを導入することでどのくらいの費用がかかるか、精度を上げていくためのコストなども教えてくれます。
現場で活用するためにはどうしたらいいか、使うための準備なども順を追って説明してもらえるので、会社でも安心してAIを取り入れることができます。

AI研究所が開催するAIセミナー


AI研究所が開催するAIセミナーは、難解な数式やAI理論をできるだけ簡単に、しかも短時間で理解できるように構成されており、おすすめです。
すぐに学べて活用できるので実用性に富んでいるといえます。
「ビジネスに直結するAI攻略セミナー」では、企業や個人に向けたAIセミナーです。「AIを使ってやりたいことがはっきりしていない」「AI技術者がいない」といった場合に対応しており、営業やシステムエンジニア、設計、プログラマーなどの職種が対象です。
職場において、AIをどこにどう活かせるかを理解できたり、G検定に向けた対応ができます。
また、獲得できる技術的なスキルは、機械学習やディープラーニングの仕組みやその活用方法、機械学習のアルゴリズムや活用方法などです。

AIを業務で利用するために提供しているので、セミナーを受講すればすぐにAIプロジェクトを始められ、カリキュラムもビジネスに直結した実用性が高いものになっています。
他には、講師が誰にも理解できるように説明するので、知らない専門用語が多くても受講しやすいセミナーになっています。
特徴的なのは、通常の会場での対面講習だけでなく、WEB上で受講できるライブウェビナーやEラーニングも行っていることです。
パソコンがあればどんな場所からでも参加でき、リアルタイムで音声通話やチャットを利用して質問も可能です。

1日でAIのプロジェクト促進能力向上!AIビジネスセミナー

まず試したいのが1日でAIに必要な知識を身につけるセミナーである「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」。
AIの知識は非常に幅広く、それを体系的に学ぼうとすると非常に多くの時間を費やしますが、「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」は業務で使うのに必要な知識に絞って学ぶことができるため、1日で体得できる構成となっています。
大切なのは知識をつけるだけでなく、実務に落とし込めて業務に効果がでること。
すぐに業務に活かせるようなAIの知識・スキルを身に着けることをゴールとしているため、セミナー受講後、すぐにAIのプロジェクトを進めることができるようになるのが特徴です。
まずAIについて学ぶ際のファーストステップとして、活用してみてはいかがですか?
詳細・お申込みはこちら

Tooが開催するAI講座

この講座は、AIを理解できる人材を育成することで、キーマンとなってAI活用事業を進めることができるようにしています。
初心者向けの4時間の講座で、AIを用いた体験ワークがついています。
このセミナーを受けることで得られる内容は、「AIの基礎が理解できる」、「職場でのAI活用イメージが共有できる」、「プロジェクトの進め方が分かる」などです。
AIや機械学習の全体像が把握できるので社内で利用する際のイメージもしやすくなります。
このセミナーは、他の講座と比較すると、手ぶらでも参加できる講座で、1人1台のAI体験のための操作端末が用意されているのが特徴です。
AI基礎用語の解説集や抜粋スライドも配布されます。

カリキュラムの第1部では、コールセンターや翻訳作業で活用されているAIの事例を具体的に紹介していきます。
次にAIブームのはじまりやこれからのAIについて、またディープラーニングのしくみも学びます。
プロジェクトの進め方にあたっては、AI活用の流れや全体像をつかむ具体的な方法を学習します。
第2部では、画像認識AIを作成する際の流れを簡単に体験し、AIが判定するフローを把握できる「ディープラーニングの体験ワーク」に取り組みます。

株式会社クロノスが開催する「0から始めるAIセミナー」

クロノスが開催している、ゼロから始めるAIセミナーは、理論と実践の割合を工夫しています。
基礎知識や事例の紹介だけではなく、受講者が実際に手を動かしてAIの開発を体験できることで、実践的な経験を積むためのカリキュラムになっています。
東京と大阪の2つの会場で開催されています。
ここでは企画や提案に取組むビジネスマンに向けたビジネスコースと、設計や開発に取組む技術者のためのITエンジニアコースが提供され、ビジネスコースでは、3時間の初級から12時間の上級までのコースがあり、AIで何ができるか、どのように作るか、なぜ活用するのかといった複数の視点で、AI活用のソリューションに取り組んでいきます。
初級では、ビジネスにAIを取り入れる活用方法や導入事例、活用のポイントを学びます。
上級では、AIジェネラリスト育成のために注目されているG検定の合格に向けた、演習問題や必要な知識を学習します。

ITエンジニアコースでは、これから機械学習を勉強するITエンジニアのために、最短で技術を習得することを目標としています。
このコースの初級では、Pythonを使ったAI開発の流れを学習し、上級ではKerasでのプログラミングを学びます。
またクロノスでは、開催場所やセミナーの内容を企業に合わせてカスタマイズできるオーダーメイド型の研修も行っています。
それにより、企業が求める内容に沿った勉強会ができるという特徴があります。


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中