AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AIプログラミングの研修を取り入れて、社内エンジニアを育成しよう

公開日:2020.06.26 [最終更新日]2020.08.03

AIプログラミングの研修を取り入れて、社内エンジニアを育成しよう

AI(人工知能)のセミナー

家電やアプロケーションなどにIoTを活用していくためにAIは重要なキーワードとなっており、企業の成長を促すための重要な方策としてビジネスにも取り入れる傾向が進んでいます。
社内の人材をAIプログラミングができるエンジニアとして育成するためには、どのAI研修サービスを利用したらいいのか、また、どのような活用事例があるのか気になりますよね。
この記事ではAIエンジニアの重要性と育成の方法について紹介し、皆様のお悩み解決のお手伝いをさせていただきます!

AIの研修を導入する前に、AIプログラミングが必要な場面を考える

AIエンジニアはAIのプログラミングができるのが特徴ですが、ビジネスにおいてどんな形で役に立つのか、人材の取り入れ方ががわからない方も多いことでしょう。
AIのプログラミングを有効活用できる場面にはどんなものがあるのかをまずは理解するのが大切です。
AIを用いることで機械が学習することが可能になり、自動的により良い応答や動作をするプログラムとして機能するようになります。
基本的にはAIのアルゴリズムに基づき、莫大な量のデータから最適な方法を計算して応答するというのがAIの仕組みです。
このような技術がどのように活用されているのでしょうか。

音声認識

典型例としてよく知られているのが音声認識です。
性別や年齢などの異なる様々な人の音声のデータベースに基づいて稼働するAIプログラムを作成することにより実現されています。
登録した声が入力された声の主と同じかどうかを判定できるのが音声認識の技術です。
人は自然に誰の声かを聞き分けていますが、機会にとっては決して簡単なことではありません。
しかし、AIに基づいた音声認識技術の開発によって声紋認証が実現されてセキュリティー対策や、パソコンなどの音声入力に用いられるようになっています。

画像認識

画像認識にもAI技術が応用されています。
例えば医療現場ではがんの外科的な切除によるがん治療がよく行われていますが、がんの病巣を人の目でも判断するのは困難です。
しかし、がんの画像データに基づいてAIによって判断させることにより、高い精度でがんの病巣を特定することができるようになってきています。
このように莫大な情報に基づく判断をするシーンではAIを有効活用することが可能です。

AIプログラミング研修を取り入れてエンジニアが活躍している企業の例を知ろう

AIプログラミングができるエンジニアは各種企業で活躍しています。
最も典型的なのはAIと搭載したハードを開発する企業です。
例えば、Amazonではスマートスピーカーを開発し、それに追従するようにして他の企業も開発を進めてきました。
投資分野ではウェルスナビやSBI証券などの証券会社でAIを活用するロボアドバイザーを開発し、投資商品の提供に活用しています。
一方、採用活動でもAIによる処理を進めている企業が増えてきました。
IBMのWatsonやtalent and assessmentのSHaiNが代表例として知られていて、ソフトバンクやサッポロビールなどでの導入事例が知られています。
この他にも自動車業界ではトヨタなど、時計業界ではレノボ・ジャパンなどがAIの活用を進めて独自の製品を生み出してきています。

AIプログラミングができるエンジニアの重要性

社内エンジニアを抱えてIT関係の業務に携わらせていく上ではAIプログラミングができるかどうかが大きな意味を持つようになっています。
人工知能を使ったサービスは世界的なトレンドになっていて、AI搭載の製品やサービスだと銘打って世の中に打ち出すだけで注目を浴びるのが現状です。
売れるものを生み出せるという点でビジネス戦略を考える上で重要性が高いのは明らかでしょう。
また、人材採用システムを代表とするバックオフィスの支援についてもAIを用いることで大きな労務量の削減と正確性の向上を目指すことができ、人材配置の見直しを通してコスト削減を図ることも可能です。

また、ウェブを活用する営業やマーケティングにおいてもAIエンジニアが活躍してくれます。
ECサイトやスマホアプリ、ソーシャルアプリなどを用いる際にもユーザーの行動のデータに基づいてAIが自動的にメッセージなどでアプローチをかけるシステムも運用できます。
マーケティングオートメーションにAIを組み込み、現場に適したカスタマイズをしていくことでマーケティング効率も飛躍的に向上すると期待できるでしょう。
AI研修を取り入れて社内にAIを扱える優秀なエンジニアが増えることで様々な業務のイノベーションを起こすことが可能なのです。

AIエンジニアを企業で育成するために有用な研修サービスとは


AIエンジニアは外部からの採用によって獲得することもできますが、優秀なエンジニアは人材市場にはあまり多く登録されていません。
最新のAI技術についの知識を持っている人材を獲得するのは容易ではないため、社内のエンジニアを育成するという考え方を持つのが重要です。
それによって社内の業務状況や、開発されてきた製品やサービスについての知識を持っているエンジニアが社内改革や製品開発に従事できるようになるため、効率良く事業を発展させていくことができます。

プログラムの研修を受講させるのがおすすめ

AIエンジニアを企業で育成するためにディープラーニングやAIプログラミングについて学習する機会を与えるのが重要です。
日常業務に追われている中で合間をぬって習得できるほどAIのスキルは簡単なものではありません。
基本理論から学び始めて、Pythonなどの必要なプログラミング言語を習得し、実際に応用されている技術を実践的に利用してみる経験が必要になるからです。
このようなトレーニングを受けられるプログラムを受講させるのがAIエンジニアを育成するのにおすすめの方法です。

E資格の取得を目指すのが効果的

ディープラーニングを用いる高度なAIスキルを身につけるには、一般社団法人日本ディープラーニング協会のE資格を取得させるのが効果的でしょう。
受験に必要になるJDLAの認定プログラムを受講するのは合理的な方法で、ディープラーニングの基礎から応用まで広く深く学べる構成になっています。
エンジニアがもともと持っているスキルに応じて、学習できる内容が多いプログラムを選ばせるのが効果的です。
業務の合間を塗って受講できるオンライン講座も、自主性に任せて受講させられる土日に開催される講座もあります。
経営側で方針を定めて積極的に受講を支援する体制を整え、優秀なAIエンジニアを抱える企業を目指しましょう。

おすすめのAI研修プログラム

ビジネス向けAI完全攻略セミナー

業務に活かすことのできる実践的なAIの知識が身につけられるセミナーです。
AIの知識は非常に幅広く、それを体系的に学ぼうとすると非常に多くの時間を費やします。
そこで、「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」はビジネス(業務)で使う必要な知識に絞って学ぶことができるため、1日でAIに必要な知識を身につけていただけるセミナー構成となっています。
詳細・お申込みはこちら

 AIエンジニアになるための3日間集中セミナー

AIの実装に必要なアルゴリズムや知識を集中して学べるセミナーです。

AIプログラミングは1から学ぶと非常に多くの時間を費やします。
AIエンジニアになるための3日間集中セミナー」は、AIプログラミングでよく使用する機能に絞って学ぶことができるため、3日間でAIの実装に必要なアルゴリズムや知識と、それをPythonで実装できるようになる研修内容となっています。
詳細・お申込みはこちら

E資格対策ディープラーニング 短期集中講座

ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有している者を認定するE資格。
このE資格の習得を目指されている方のためのセミナーです。

AI研究所のセミナーは常に最新のE資格に完全対応しています。
試験対策を中心に、E資格に合格するためのポイントを徹底的にお伝えする講義構成のため、短期間でE資格に合格できる知識とスキルを習得できます。

また、本セミナーの内容を全て修了することでE資格の受験資格を得られます。
詳細・お申込みはこちら

AI研修を探すときは目的を明確に

今回は、ビジネスでAIを活用するためにはまず、AI人材の育成が必要になるという内容でした。
例えば、独学でWebデザインを勉強したい人は、何を作りたいのかを明確にしてから、自分にあったアプリケーションを学習できるスクールを探したり、様々なレベルや用途に合わせたコースを受講することになると思います。
エンジニアの学習もおなじで、まずは目指したい場所を明確にした上で目的にあった研修サービスを探してみましょう!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中