AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  オンラインセミナーを活用してAIプログラミングを学びAIエンジニアになろう

公開日:2020.06.26 [最終更新日]2020.07.20

オンラインセミナーを活用してAIプログラミングを学びAIエンジニアになろう

AI(人工知能)のセミナー

IT技術の進歩に伴って登場した最新技術、AI(人工知能)。10年後には現在ある多くの職業がAIに代替されて無くなってしまうといわれています。
この先の時代を生き抜いていくためにAIに関する知識を身につけることは必要不可欠であるとも言えます。
AIをプログラミングし、活用する技術を身に付け新しいキャリアを目指してみませんか。

AIを活用する仕事

最近は「考える家電」とよく言われるようにAIを搭載した製品が増えていることもあり、AIエンジニアの活躍の場はIT業界に留まりません。
自動車の自動運転システムやスマートフォン、防犯カメラの画像認識、音声で操作可能な家電等にも人工知能が搭載されています。
そのため、大手自動車メーカーや家電メーカーにも自社独自の開発チームがあり、そうした場所で活躍されるエンジニアも多くいます。
日本でもAIによる自動化を謳うスマートシティ事業に乗り出す大企業があり、AIの活用は今後ますます加速していく印象です。
またAIは比較的低コストで運用、開発できる可能性があるためスタートアップが参入しやすく、そうした技術を運用したサービスを提供するベンチャー企業も多く立ち上がっています。
さらに、AIを用いたディープラーニングは物流やマーケティングといった大量のデータを管理、分析しなければならないビジネスにも有効であり、今後AIエンジニアの活用の場はますます広がっていくことが予想されています。

それに対し、AIの存在が世間に浸透してきたのが最近であるということもあり、これらの需要に対して優秀なAIエンジニアは不足気味であるのが現状です。世界中で不足気味のAIエンジニアを育成、発掘しようという動きがあり、未経験や経験の浅いエンジニアであっても成長、活躍できるチャンスは十分にあるといえます。

AIエンジニアについて


AIエンジニアとは、ITエンジニアの中でもAI技術を用いてビジネスにおける課題を解決する技術者のことをいいます。
一般的なIT技術者に求められるスキルに加え、特殊なプログラミング言語や高度なアルゴリズムについての理解が必要となるため、実際の現場で活躍できるレベルのAIエンジニアになることは簡単なことではありません。
しかし順調にキャリアを積んだエンジニアの中にはフリーランスで月100万円以上を稼いだり、企業で年収1,000万円以上を得たりしている人も少なくないといいます。

AIエンジニアと呼ばれる職業につくために特別な国家資格等は必要ではありません。
そのため独学でも目指すことはできますが、専門的な知識やスキルが要求されるため大学や専門学校で情報工学やコンピュータサイエンス等を専攻し、その後AIエンジニアとしての実務経験を積むというキャリアパスが一般的であるようです。
また、大学で情報系を専攻したもののエンジニアとして就職しなかった人や、大学の専攻ではなかったもののIT企業に就職して情報系の実務に携わっていた人等を中途で採用し、実務経験を積ませるというケースもあるそうです。
学校に通わず学習する場合でも、最近では学習費用を抑えて質の高い講座を受講できるオンラインのプログラミングスクールやセミナーも数多く開講されており、そういったものを利用するのも方法の一つです。

AIエンジニアに必要なスキルとは

一般的にITエンジニアというとwebエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア等いくつかの種類に分けられ、それぞれ必要となる知識や使用言語が異なります。
AIエンジニアもこうした枠組みのなかの一つとして存在し、Pythonを開発言語として使用するという点が特徴的です。
Pythonは機械学習やディープラーニングを扱うのに適した言語であり、ほぼすべてのAI開発現場で用いられています。
比較的文法がシンプルかつ使用者数も多く開発環境が整っているため学習しやすい言語であるといわれています。

AIエンジニアはその仕事内容によってさらに2つに大別することができます。
まず1つ目は自動車や家電等に搭載されるAIを開発するエンジニアです。
場合に応じた適切なデータを参照し、学習させるためのアルゴリズムを組む必要があるため、機械学習やディープラーニングの知識に加えそれらを実装するためのAI言語のプログラミング技術が必要となります。
2つ目は近年データサイエンティストとして周知されるようになったエンジニアです。
データサイエンティストとなるには上記のディープラーニングやAI言語のプログラミング技術に加え、統計やビッグデータ解析の知識も必要になります。
データサイエンティストは金融、物流、マーケティング等の大量のデータを扱う業界において今後さらなる活躍が期待されています。

AIプログラミングを学ぶにはオンラインセミナーが便利


現在多数のAIプログラミング学習用のセミナーがオンライン上で開講されており、目的や予算に合わせて最適な講座が選べるようになっています。
料金は無料~月額1,000円程度の気軽に始められるものから一講座あたり数万~数十万円のものまで幅広く存在します。
無料のものであっても基礎的な知識は網羅できますし、提供される講座の質も高いものが数多くあります。
ただし、公開されている講座の中から自分で講座を選択し学習を進めるというスタイルのものが多いためIT関連の知識が全くない人や自分で学習の進捗を管理するのが苦手だという人には不向きかもしれません。

それに対し、高額な講座では実際にAIエンジニアの実務に携わっている人が講師として受講者とコミュニケーションを図りながら指導し、フォローをしながら学習を進めるという形のものがあります。
そのためわからない場所でつまづくということが起きにくく、学習のモチベーションを保つことが容易になるでしょう。
基礎的な知識は選択型のセミナーで身に付け、さらに学習を深めたい場合はそれに応じた指導を受けられる講座を選択する、というように目的と自身の状況に応じて学習方法を変えることで、効率的に学習を進められそうです。

AIエンジニアになるための3日間集中セミナー

AIの実装に必要なアルゴリズムや知識を集中して学べるセミナーです。

AIプログラミングは1から学ぶと非常に多くの時間を費やします。
「AIエンジニアになるための3日間集中セミナー」は、AIプログラミングでよく使用する機能に絞って学ぶことができるため、3日間でAIの実装に必要なアルゴリズムや知識と、それをPythonで実装できるようになるセミナー構成となっています。
詳細・お申込みはこちら


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中