AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AIエンジニアにおすすめの研修やプログラミングの知識について

公開日:2020.06.26 [最終更新日]2020.07.01

AIエンジニアにおすすめの研修やプログラミングの知識について

AI(人工知能)のセミナー

AI(人工知能)は、様々な分野で活用ができるため、需要が高まっています。
そのAIを開発するAIエンジニアは、ニーズの高い仕事と言えます。
しかし、AIエンジニアがどういった仕事なのか、身につけるべきスキルは何なのか分からない人もいるでしょう。
そこでこの記事では、AIの技術を身につけるために必要な研修や、プログラミングについて説明していきます。

AIの研修とは何のためにするのか

AI研修を受けることで、最先端の技術を的確に効率よく学べるようになります。

AIの活用を促進

AIに関する知識を身につければ様々な分野で活用ができるため、AIの活用の促進につながります。
例えば、AIを使った事業の研修から企画提案、データ分析など、人間だけでは難しくて複雑な部分を短時間で行えるようになるでしょう。

AIのプロを育てる

AIはうまく使えれば、働き方の改革や生産性の向上などができます。
しかし、AIについて漠然としたことしか分からず、何を学んでいけばいいのか悩む人もいるでしょう。
そういった方のために研修を行い、正しい知識を効率よく学んでもらえるようにするのが目的です。
段階的にステップを踏んでいけば、初心者でも知識を身につけることができるようになります。

AIエンジニアに必要なスキルとは


AIエンジニアが身につけるべきスキルはいくつかあります。
それは機械学習や、ディープラーニングの知識です。
この2つのスキルを身につけておくと、AIの分野で活かすことができるようになります。

機械学習のスキル

機械学習とは例えば、膨大なデータをAIが分析をする際に、「白色」、「黒色」といった画像データをAIに認識させて、色を元に識別するようにプログラミングをすると、AIが多くの画像データを色で区別してくれるようになります。
また、より実践的な活用方法は、迷惑メールの情報を学習させれば、AIが通常のメールと迷惑メールの違いを判別し、振り分けをしてくれるので人間による手間を最小限にできるのが特徴です。
機械学習のスキルは、データ分析に必要なアルゴリズムを学ぶことで、AIを使った識別などができるようになります。

ディープラーニングのスキル

ディープラーニングとは、機械学習よりもさらに発展していて、高度なデータ解析ができるのが特徴です。
先程も説明したように機械学習では、「白色」や「黒色」を判別するのに、色で識別するようにプログラミングをしなければいけません。
しかし、ディープラーニングでは、AI自身が学習をして画像を区別するには何を基準に判別したら良いのかを考えてくれます。
人間がプログラムで指示をする必要がなく、自動でAIが進化していくのが特徴です。
ディープラーニングのスキルは、その原理や実装、チューニングを学ぶことで、高度な学習をAIが行うシステムを構築できます。

AIエンジニアで必要なプログラミングの知識とは

AIエンジニアとして活躍する場合は、プログラミングを覚えなければいけません。

python

プログラミングといっても様々な種類がありますが、その中でもpythonはAIでよく使われているプログラミング言語のひとつです。
機械学習をする時にAIに指示を出したり、Web上でのゲームを開発したりできます。
しかも高度なことができるのに、文法を覚えやすい特徴があります。
そのため、初心者がAIエンジニアを目指す上で、最初に学ぶプログラミング言語としては最適と言えるでしょう。

JavaScript

python程ではありませんが、JavaScriptは、機械学習やディープラーニングなどでも使われていて、Webアプリなどで利用されているプログラミング言語です。
元々はWEBで利用されることが多く、比較的学びやすい言語のひとつです。

Julia

Juliaは、動的な作業において処理速度が優れています。
処理速度をできるだけ維持しながら、複雑なプログラムを動かしたい場合はJuliaはおすすめです。
しかも、pythonのようにコードが読みやすくて、覚えやすいので初心者でも学びやすい言語と言えます。

AI研修を受けるメリットとは


自分ひとりでは難しい内容を、AI研修で分かりやすく学べるようになります。

AIの活用方法などを学べる

AIといっても、その活用方法はたくさんあります。
例えば、大容量のデータを使って顧客の特徴を把握し、適切なマーケティングができたり、コストや時間を削減してアウトプットを増やし、生産性を向上させたりと様々な活用ができるので便利です。
また、AIを導入することで人件費の削減ができたり、危険が伴うような業務をAIを使って事前に防いで安全性の向上を図ったりできます。
このようにAIをどういった部分で利用できるのか、研修によってしっかりと学べるのがメリットです。

分野ごとに学べる

分野というのは、ただプログラムを作成するだけではなく、データ分析から企画、管理業務など、様々な分野で利用ができます。
また、AIなどの先端技術を知れば、営業活動での提案力や仕事の基礎をさらに強化できます。
具体的に活用ができる分野をAI研修で詳しく学べるので、どのような仕事に就くのかを考える上でも、AI研修をするのは大きなメリットと言えるでしょう。

難しいプログラミングを習得できる

プログラミングをしたことがない方にとっては、最初は難しく感じる人もいるでしょう。
独学でも学べる人はいますが、複雑なプログラミングを理解するには、それなりに努力が必要です。
途中で挫折をしないためにも、正しいプログラミングを理解する上で、AI研修を受けるのはとても重要です。

おすすめのAI研修とは

AI研修にも種類があるので、まずは代表的な研修をするのがおすすめです。

AIの基礎を習得する研修

AIとは何なのか、AIエンジニアやAIビジネスプランナーの基本から学ぶ研修です。
基礎を抑えることで、現実的な活用法を考えられるようになり、さらに上級の研修へと進む手助けとなるでしょう。

ビジネスパーソンにおけるAIの研修

AIの技術が発展することで、今までになかったサービスやツールが実現できるようになります。
機械学習により、さらに手軽に導入ができようになっているため、ビジネスでの活用ができればライバル企業に対して優位性を高めるのに役立ちます。
そのビジネスでの活用を具体的に学ぶのは、とても重要な研修と言えるでしょう。

AIエンジニアを育成する研修

AIを活用した新しいビジネスや運用をするには、プログラムを作成するエンジニアが必要です。
機械学習のアルゴリズムやディープラーニングを理解する上でも、AIエンジニアを育成する研修はとても重要と言えるでしょう。

1日でAIのプロジェクト促進能力向上!AIビジネスセミナー

まず試したいのが1日でAIに必要な知識を身につけるセミナーである「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」。
AIの知識は非常に幅広く、それを体系的に学ぼうとすると非常に多くの時間を費やしますが、「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」は業務で使うのに必要な知識に絞って学ぶことができるため、1日で体得できる構成となっています。
大切なのは知識をつけるだけでなく、実務に落とし込めて業務に効果がでること。
すぐに業務に活かせるようなAIの知識・スキルを身に着けることをゴールとしているため、セミナー受講後、すぐにAIのプロジェクトを進めることができるようになるのが特徴です。
まずAIについて学ぶ際のファーストステップとして、活用してみてはいかがですか?
詳細・お申込みはこちら


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中