AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AIエンジニアにおすすめのウェビナー形式のオンライン講座とそのメリットについて

公開日:2020.06.26 

AIエンジニアにおすすめのウェビナー形式のオンライン講座とそのメリットについて

AI(人工知能)の知識

エンジニアにも様々な職種がありますが、AI開発の分野で活躍しているのがAIエンジニアです。将来はAIエンジニアになりたい、他の分野からAIエンジニアに転職したいと考えている人もいるかもしれません。AIに関わる仕事がしたいなら、AI開発に必要な知識やスキルをしっかり身に付けておく必要があります。今回はAIエンジニアに必要なスキルや知識を学ぶ時に活用できる、ウェビナーについて詳しく解説していきます。

AIについてのウェビナーとは

まず最初に、そもそもウェビナーとはどういったものを指すのかを見たうえで、AIについて行われているウェビナーの特徴について説明します。

ウェビナーとは

ウェビナーというのは、ウェブとセミナーという二つの言葉を組み合わせた造語で、その名の通り、インターネット上で開催されるセミナー全般を指します。セミナーといっても、単に大勢が集まって誰かの話を聞くというものではなく、基本的には何らかの専門的なテーマについて講師の人が説明し、参加者はそれを聞いて自らの学習に役立てるというオンライン講義として実施されるケースが多くなっています。このウェビナーには、リアルタイムで行われる場合と、あらかじめ作成しておいた動画を配信する場合の2パターンがあります。いずれも、ビデオカメラと動画を配信するパソコンがあれば十分なので、コストを掛けずに多くの参加者に対してアプローチするには適した方法であるといえるでしょう。

AIエンジニアにおすすめのウェビナー形式のオンライン講座とそのメリットについて

ウェビナーに使われるツールとしては、ストリーミング配信用のプログラムなどがありますが、スマートフォンの普及によってZoomのようなウェビナーツールとして使用できるアプリが重宝されるようになってきています。無償で公開されているアプリをダウンロードして端末にインストールするだけで、誰でもウェビナーに参加できる環境が整えられるため、ウェビナーは今後ますます活用されるようになっていくに違いありません。

AIのウェビナー

AIのウェビナーについては、人工知能に関する基本的な知識や実際の使われ方などについて学ぶものも多く存在しています。
AIエンジニアになるためには、まずはAIのベースとなっているディープラーニングや機械学習の仕組みがどのようになっているかを正しく理解しておく必要があるため、まずは数あるウェビナーの中から自分が関心のあるテーマを取り上げているものを選んで参加してみるとよいでしょう。ウェビナーの多くは、AI全般について解説するというよりも、「AIを使ったデータの分析術」のように特定のテーマに絞って開催されるものとなっています。そのため、一つのウェビナーに参加するだけでエンジニアになるためのすべての情報が入手できるというわけでは必ずしもありませんので、様々なウェビナーに参加して知識の集積に努めるようにするとよいでしょう。

なお、ウェビナーのなかには有償で行われるものと、無償で行われるものの2つのタイプが存在します。より実用的かつ専門的な情報を得られるのは、有償のウェビナーですが、無償であっても有用な情報を得ることができますので、初めのうちは無償のウェビナーに参加してAIについての基本知識を習得したうえで、より専門的な有償のウェビナーに参加するようにすると効率的にAIについての知識を深めることが可能になります。

エンジニアに適したウェビナーとは

AIエンジニアになるためには、AIについての知識を有しているだけでは十分ではありません。その知識を活用して、実際にAIに使われるプログラムを構築したり、AIを使ってデータの分析を行えるようになるためには、より実践的なスキルが必要とされるのです。ウェビナーの中には、そのような実践的なスキルについて解説するものがいくつかあります。具体的には、AIの仕組みを使ったデータのより効率的な処理方法について、実際の事例をまじえて解説するものや、AIをプロダクトに組み込むための方法やAIを使ったアプリの開発方法を説明するといったものなどです。

エンジニアに適したウェビナーというためには、単に知識を詰め込むだけでなく、開発現場においてそういった知識がどのように使われているかが誰でもイメージできるような内容となっている必要があります。過去の参加者の口コミなどを見れば、エンジニアになるために役に立ったウェビナーがどういったものであるかが分かるはずですので、インターネットを駆使して積極的に情報収集を行い、多くのエンジニアが高く評価しているウェビナーに参加するようにするとよいでしょう。

プログラミング上達に役立つウェビナーとは

エンジニアを目指す以上は、プログラミングの習得は避けて通れない大事なテーマですが、そのために役立つウェビナーもいくつか存在します。AIに使われる最も重要なプログラミング言語としてPythonがありますので、まずはその仕組みについて取り扱っているウェビナーに参加して知識を得たうえで、実際のプログラミングの仕方について解説してもらえるウェビナーに参加するとよいでしょう。また、ウェビナーの中には、ハンズオン形式を採用しているものもあります。ハンズオンというのは、実際のプログラミングの体験を通じて、その仕組みを学んだり、より高度なスキルを身に着けたりできるイベントで、参加者が実際にプログラミングをしてみることでより実践的なスキルが身に着けられるようになるため、エンジニアを目指す方にはおすすめです。

AIエンジニアにおすすめのウェビナー形式のオンライン講座とそのメリットについて

ウェビナーのメリットとは

ウェビナーには様々なメリットがありますが、そのうちの一つが、わざわざ会場に行かずに自宅などから参加できるので、時間を有効活用できるという点です。会場までの移動時間が必要ないため、余った時間でさらなる知識やスキルの習得に励めるのです。また、ウェビナーの主催企業としては、コストをかけて会場を用意しなくても開催できるので、その分参加費用を抑えることができます。そのため、一般的なセミナーよりもリーズナブルな料金で参加できるものが多いというのもウェビナーのメリットの一つです。

さらに、ウェビナーは最初から最後までオンライン上で行われますので、他の参加者と直接に顔を合わせる必要がありません。エンジニアを目指していることを人に知られたくないという場合には、自分が参加していることがすぐに分かるセミナーよりも匿名性が確保できるウェビナーの方が適しているといえます。

AIエンジニアになるのにおすすめのウェビナーとは

AIエンジニアを目指す方におすすめのウェビナは、やっぱりAI研究所が行っている「AIエンジニアになるための3日間集中セミナー」です!3日という短期間で、Pythonを用いたAIのプログラミングが学べるほか、AIを使ったデータの処理法や、プロダクトへのAIの組み込み方や開発方法などを学べるので、一からエンジニアを目指す方は参加しておいて損はないでしょう。

ウェビナーを活用してAIエンジニアを目指そう

以上で見てきたように、AIエンジニアとして人工知能を使いこなせるようになるには、ウェビナーに積極的に参加して必要な知識やスキルの習得に励むというのが肝要です。世の中には数多くのウェビナーがありますが、まずはAIについての基礎的な知識を学べるものに参加したうえで、より実践的にプログラミングを行ったり、データ分析を経験できるようなものを通じて実践的な力を養うようにするとよいでしょう。


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中