AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AIプログラミングのできるエンジニアを人材育成サービスで育ててビジネスに活用しよう

公開日:2020.06.26 

AIプログラミングのできるエンジニアを人材育成サービスで育ててビジネスに活用しよう

AI(人工知能)の知識

AIのビジネスへの応用が広く行われるようになり、成功事例も次々に生まれてきています。AIをビジネスに導入するにはAIプログラミングができるエンジニアを育成することが欠かせません。この記事ではエンジニアの人材育成が必要な理由や、優秀な人材を育て上げるために活用できる人材育成サービスの状況について紹介します。

AIを活用するビジネスの現況

AIは様々な事業やビジネスシーンに取り入れられてきています。AIによる画像認識や音声認識を取り入れた認証システムは初期から実用化が進められていましたが、医療分野ではがんの病巣を特定する技術が開発され、応用に向けた取り組みが進められてきました。AIを搭載したスマート家電もスマートスピーカーの生産を皮切りに販売が開始され、現在ではスマートハウスやスマートタウンの構想も進められている状況があります。投資分野ではAIを用いたロボアドバイザーが運用されたり、データ解析を自動的に行うAIアナリストのサービスが登場したりするなど、人よりも精度の高いデータの取り扱いが可能なアドバイザーツールが生み出されてきています。

コールセンターもAIによる対応を取り入れて業務の効率化を実現している事例があります。近年では採用活動にすらAIが取り入れられ、書類選考の効率化とマッチングに活用されています。また、AIによるスコアリングで適正年収を算出するシステムも生まれ、人材の転職を促すツールとして利用されているのが現状です。このように製品生産だけでなく業務の効率化や販促ツールとしてもAIが活用されている状況があり、AIを使えるだけで大きなビジネスチャンスを生み出せる可能性があります。

AIプログラミングのできるエンジニアを人材育成サービスで育ててビジネスに活用しよう

AIエンジニアの育成が必要な理由

エンジニアが社内にいればAIを活用したビジネスを創出して展開していくことができるのではないかと考えるかもしれませんが、実はそれほど容易なことではありません。ITに強い優秀なエンジニアだったとしても必ずしもAIを使いこなせるとは限らないからです。エンジニアは全てのITを活用できるわけではなく、最新の技術であるAIについてのスキルを持っているのはむしろ少数派です。人工知能理論を知っていたとしてもディープラーニングの手法や実践的スキルを持っているエンジニアはまだ少なく、実用に耐える実力を付けさせる機会を設けなければビジネスへの活用に貢献させることが難しいのが通例です。

外部からAIエンジニアを抜擢することも無理ではありませんが、数が少ないのでなかなか優秀なAIエンジニアを採用できることがないのが現状です。そのため、AIのスキルを習得して応用できるようなポテンシャルがあるエンジニアを育成することが必要になっています。社内エンジニアがいる場合にはむしろ既存のビジネスにAIを盛り込むという発想を持ちやすいことから、スキルアップを経てスムーズにAI事業の展開に寄与してくれるようになるでしょう。

AIプログラミングができることの重要性

AIエンジニアを育成する必要があるとわかったものの、どのようにして育てれば良いのかがわからないかもしれません。AIに関する基礎理論やアルゴリズムを学ぶことも不可欠なのは確かですが、実務的に最も重要になるのはプログラミングです。AIプログラミングではPythonを使用するのが主流で、既存のアルゴリズムを応用してAIを搭載した製品開発やシステム開発をするためにはPythonは少なくとも習得する必要があります。
AIプログラミングのできるエンジニアを人材育成サービスで育ててビジネスに活用しよう

AIの人材育成サービスの現状

AIエンジニアを育成してAI事業を企画推進していこうと考えた場合に、社内研修ですぐに教育できる体制を整えるのは難しい場合が多いでしょう。この際に有用なのがAIの人材育成サービスです。いくつもの企業がAIを取り扱うための技術やスキルを学べる講座を設けていて、誰もが受講できるようになっています。エンジニアのスキルに応じて不足している能力を開発する講座を選べばスムーズに事業に貢献してくれるようになるでしょう。ディープラーニングの基礎から学べる講座や、Pythonによるプログラミングに特化した講座など、多岐にわたる内容のプログラムが利用できるのが現状です。

エンジニアにはE検定の合格を目指すように支援するのも良い方法です。人材育成サービスでは日本ディープラーニング協会(JDLA)の認定プログラムを提供していることがよくあります。JDLAの認定プログラムの受講はE検定を受ける上で必須事項になっていて、企業として受講させて資格取得を支援するのはエンジニアの自己研鑽を後押しするのに適している方法です。JDLA認定プログラムに限らず、現場で必要になるスキル開発をカリキュラムに取り入れて人材育成支援をしてもらうことで、エンジニアをスキルアップさせつつ、エンゲージメントも高めることができるでしょう。

また、ビジネスへのAIの応用そのものを支援しているサービスもあります。AI事業を進めていくためにはビジネスサイドもAIについての理解が必要になります。その方法としてG検定の合格を目指したプログラムを取り入れ、ビジネスサイドとエンジニアの両方を育成するプランも立てることが可能です。このようなトータルサポートを受けられる人材育成サービスを活用することで企業として一丸となってAI事業を推進していけるようになるでしょう。

AIビジネスを推進するための人材育成を進めよう

AIビジネスが次々に成功している現状を考慮すると自社でもAI事業を展開したいと考えるのはもっともなことです。そのためには高いプログラミングスキルとAIの知識や技術を持つAIエンジニアを育成する必要があります。ビジネスサイドも合わせて教育できる人材育成サービスを活用して、企業として一丸となってAI事業に取り組む体制を整えましょう。


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中