AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

  • お問い合わせ

HOME  >  三密・手洗い・換気を感知!AI・IoTを活用した新型コロナウイルス対策サービスとは?!

公開日:2020.04.13 [最終更新日]2020.10.20

三密・手洗い・換気を感知!AI・IoTを活用した新型コロナウイルス対策サービスとは?!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、AIやIoTを活用した「手洗い・消毒記録サービス」「換気状態検知サービス」「密集度検出ソリューション」をご紹介します。

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダードは、新型コロナウイルス(COVID-19)に対する企業のBCP(事業継続計画)対策として、AIやIoTを活用した新型コロナウイルス対策サービス「手洗い・消毒記録サービス」「換気状態検知サービス」「密集度検出ソリューション」の提供を5月より順次開始します。
これらサービスは、SCORERプラットフォームで開発実績のあるものをベースに修正開発をするため、早期に導入が可能になります。

手洗い・消毒記録サービス

新型コロナウイルスの感染防止において手洗いや消毒の重要性を踏まえ、食品工場や医療現場などにおいて実際に従業員の手洗いや消毒の頻度を把握するのを目的としています。
本サービスでは、顔認証用の小型カメラと手洗いエリアを撮影するカメラを設置し、映像解析AI「SCORER」を活用した顔認証技術や骨格分析などを組み合わせることで、個人を特定した上で誰がいつ手洗い・消毒を実施したかを自動で記録に残すことが可能になります。

換気状態検知サービス

新型コロナウイルスの感染防止において、定期的な換気による三密行動の一つである密室を避けることが効果的であるため、換気の時期を定量的に把握することを目的としています。
本サービスでは、測定器を用いて二酸化炭素濃度から密室度合いを測定し、換気が必要な時期にアラートを出し、定期的な換気を促すことが可能になります。ネットワークで接続し、遠隔でもどの部屋や場所で濃厚接触状態にあるかを把握でき、記録することで濃厚接触状態が多発する場所を特定し利用を避けることもできます。

密集度検出ソリューション

カメラから屋外や一般施設での人の密集度を定期的に記録し、映像解析AI「SCORER」によって密集度を定量化します。
密集度が低い状態で施設が運営されことを記録・確認でき、過度な混雑が見られる場合は呼びかけなどの対応ができます。インターネットに接続するだけですぐに利用でき、端末内で解析を行うため、プライバシーに配慮し映像・画像データは保存せず即時破棄することも可能です。

導入価格について

・「手洗い・消毒記録サービス」:15万円~(税別 )
・「換気状態検知サービス」:12万円~(税別 )
・「密集者検出ソリューション」:12万円~(税別 )
サービスの詳細:https://covid19.scorer.jp

映像解析AI分野に特化したプラットフォーム「SCORER」活用した、新型コロナウイルス対策サービスに注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中