AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  VRとは?概要から活用事例、技術まで大公開!

公開日:2020.03.28 [最終更新日]2020.03.27

VRとは?概要から活用事例、技術まで大公開!

AI(人工知能)の知識

VRとは?概要から活用事例、技術まで大公開!

近年、VRという言葉を耳にすることが増えました。
しかし、言葉は知っていてもVRとは具体的にどのようなものなのか、何に使われているものなのか知らないという方は多いのではないでしょうか。
VRはさまざまな分野で活用されている技術です。
そこで、VRとはどういうものなのかということと、VRが活用されている実例、簡単な仕組みについてご紹介します。

そもそもVRとは?

VRとは、「バーチャル・リアリティ」のことであり、「仮想現実」ともいいます。
現実とは別のつくられた仮想空間を、まるで現実であるかのように体験できる技術のことを指します。
視覚や聴覚など、人間のあらゆる感覚を使用することで没入感を与えています。
360度見渡すことができるため、テレビなどの映像とは違い自分が本当に立体的な空間の中にいる、という錯覚を起こすのです。
ヘッドセットという専用の機械やゴーグルを頭に装着して、仮想空間を体験するという方法が一般的です。

ゲームにおけるVR技術

VRの技術が多く使用されているのは、ゲーム業界です。
ゲームには没入感が必要です。主人公のキャラクターになりきって、敵と戦ったり冒険したりします。
ヘッドセットを装着してVR対応のゲームを行うと、没入感が味わえます。
自分がゲームの中に入り込んで、実際にゲームの世界の中を歩いているという感覚になるのです。
たとえば戦闘ゲームをVRを使用して行うと、敵が目の前までやって来て自分を攻撃している、本当に敵と戦っている、というような感覚を味わうことができます。
また、飛行機のパイロットになって空を飛び回る体験ができるゲームもあります。
空の様子や眼下に広がる街並みは非常に鮮明で、とてもリアルです。
現実世界で飛行機のパイロットになることはとても難しいですが、ゲームでVR技術を活用すると、自分ができないことを疑似体験することができるのです。
また、現実では不可能なアクロバティックな飛行をするということもできます。
ゲームならではの楽しみ方です。
さらに、家庭用ゲーム以外でもVR技術の活用がされています。
たとえば、ゲームセンターに設置されているゲームを、VRを使って楽しむという専用スポットがあります。
VRを使用したゲームが欲しいけれどまずは一度体験してみたい、自分でヘッドセットを購入するのは難しいという方も気軽に体験することができます。

VRはスマートフォンでも体験できる

スマホでVR

VRの技術はスマートフォンでも気軽に楽しむことができます。
専用のゴーグルにスマートフォンを装着することで、スマートフォンがディスプレイになります。
そしてゴーグルのレンズを通してディスプレイを見ると、立体的な空間にいるような感覚を味わえます。
具体的には、スマートフォンとゴーグルでアプリや映像を楽しむことが可能です。
たとえば、観光地の写真や映像をVRを使って見ることで、実際にその場所を訪れたような体験をすることができます。
海外の観光地にも、一瞬にして行くことができるのです。
また、1日でさまざまな国をまわることもできます。
さらに、音楽を楽しむことも可能です。
アーティストのライブをVRを使って見ることで、臨場感たっぷりの映像を楽しめます。
アプリによっては、ジェットコースターや高所を疑似体験できるものもあります。
映像であると分かっていても、ジェットコースターが落ちる瞬間は思わず目をつむってしまいます。

VRの娯楽以外での活用

VR

VRの技術は、ゲームやアプリなど娯楽目的のもの以外にも活用されています。
たとえば、地震体験です。
VRを使用して地震を疑似体験することで、地震が起きたときの部屋の様子などを体験することができます。
また、避難訓練を体験することができる映像もあります。
ただ単に映像を見るのではなく、空間に入って体験することで大きな学びにつながるのです。
その他には、住宅メーカーで使用されているケースもあります。
建てたい理想の家を映像にすることで、実際に家を建てなくても事前に体験できます。
そうすることでより理想の家をイメージしやすくなります。

VRの仕組みをカンタンに説明

VRを使って人間が見ている映像は、人間の動きに合わせてこまかく変化しています。
トラッキングという機能です。ヘッドセットやゴーグルが頭や目の動きを感知し、動きに合わせて映像も動かしています。
向いている方向や角度によって適切な映像を瞬時に判断し、映し出します。
そうすることで、まるで仮想世界の中にいるような映像を違和感なく味わうことができるのです。
また、手の動きを感知するものもあります。
さらに、人間の目と脳の機能を利用して、左右の目に映像を1つずつ映し出しています。
そうすることで人間はより立体感を味わうことができ、映像に没入できるのです。

今後も広がっていくVR

近年急激に進歩を遂げたVRは現在、おもにゲームやスマートフォンアプリで活用されている技術です。
技術の進歩によって、現実では不可能なことを疑似体験することができるようになりました。
そして今後、VRはより身近なものになる可能性が高いです。
普段の生活でも普通にVRを活用する時代がやってくるかもしれません。


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中