重要なお知らせ:新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染予防・拡散防止の対策についてこちらをご確認ください。

AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  中学3年生が作ったAIベンチャー?!SNS炎上判定ができるサービス「Defloga」とは?

公開日:2020.03.09 

中学3年生が作ったAIベンチャー?!SNS炎上判定ができるサービス「Defloga」とは?

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは、AI研究所の三谷です。
今回は、なんと中学3年生でAIベンチャーを立ち上げた合同会社アマガエルの丸山様に、立ち上げた経緯やサービス内容をインタビューさせていただきました。

それにしても、すごい時代ですねぇ。

-自己紹介をお願いします!

丸山 中学3年で「合同会社アマガエル」を設立しました、丸山です。よろしくお願いします!

-丸山さんとは中学1年生頃からの付き合いですね。

丸山 中学1年の時からクラウド3DCADの「Fusion 360」にハマり、3Dモデルを自分でデザインして、学校にある3Dプリンターで出力したりしてものづくりをしていました。3Dデータだけでデザインすることもあり、このハロウィンのかぼちゃの3Dデータは初めて作った作品です。

AI研究所と同系列のサイト、「キャド研」でご紹介して頂いたこともあります。

中学生クリエイター!

Fusion 360は本来3D作品を作るためのソフトなのですが、今回の起業の際にはロゴデザインをするために使用しました。


-AIを使ったサービスで起業しようと思われたきっかけを教えて下さい。

丸山 AIに興味を持ったのは、中学2年生の夏に参加した「Fusion 360 Academy」でAI研究所の三谷さんのAIに関するクラスを受講した時です。様々な事例を交えつつ、AIの仕組みを本質的に理解できる、非常に興味深い講義でした。そのおかげで、これまでの「AIは万能である」という考えを改められました。

-あのクラスがきっかけだったとは笑
今回のプロジェクトについて教えてください。

丸山 今回の、初めての事業となるプロジェクトは、「Defloga」と名付けた、SNSなどへの文章の投稿が炎上することを防ぐために、事前にAI(人工知能)による審査を通して、投稿しようとしている内容が炎上しそうかどうか判定するツールです。

この事業を始めようとした理由は、不特定多数の人に投稿がいきわたるSNSでは、投稿内容が予想外に炎上し、個人情報特定などの被害を受けることが度々ありますが、そうならないための備えがあればとの思いがあったからです。

-どのような仕組みで動くのですか?

丸山 具体的な仕組みは、過去の炎上例をAI に分析させ、炎上しやすい文章を判定できるようにし、それをもとに投稿しようとしている内容が炎上するかそうでないかを判定する、というものです。

-開発はどのように進められるのですか?

丸山 現在、クラウドファンディングを行って資金を集めています。
4月に資金調達完了し、外注にて制作、7月にリリースする予定です。

大まかな流れは
データ収集 ▶︎ 手動で分析 ▶︎ 前処理 ▶︎ 学習 ▶︎ モデル作成 ▶︎ 予測
となるそうです。

しかし、なかなか支援してくださる方が集まらず、焦っている状態です。3000円からご支援して頂けるので、少しでも応援したいと思ってくださった方は是非、ご支援を宜しくお願い致します。
https://camp-fire.jp/projects/view/231181

•会社概要

会社名 :合同会社アマガエル(https://amagaerullc.jimdofree.com/)
代表者 :丸山 泰熙
設立日 :令和元年12月3日
事業内容:QOL向上等を⽬的としたスマートフォン・タブレット端末・パソコン向けアプリケーション及びツールの企画・開発、教育及び学習に関係するゲームの企画・開発、主にハンディキャップの緩和を⽬的としたロボット等の機械の企画・開発、⼈⼯知能・仮想現実等の先端技術を活⽤した各種事業

会社については下のプロモーションビデオをご覧ください。

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

AIの最新情報、セミナー情報を受け取る

*メールアドレス
*確認

Facebookページ