AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AI inside、東京都の実証実験でAI-OCR「DX Suite」を提供へ!

公開日:2020.02.18 

AI inside、東京都の実証実験でAI-OCR「DX Suite」を提供へ!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員のChisatoです。
本日のtopicsは、東京都の業務改革を支援する AI-OCR「DX Suite」をご紹介します。

AI inside 株式会社は、みずほ情報総研株式会社、株式会社 日立製作所と連携し、東京都の実証実験において、AI inside社独自開発のAI-OCRサービス「DX Suite」を提供します。

「DX Suite」とは

DX Suite は、当社独自のAI技術を導入しており従来のOCRでは困難とされた手書き文字を高精度に読み取り、これまで人が手入力で行なっていたデータ化業務を自動化することができます。
内部には、あらゆる種類の帳票をデータ化する「Intelligent OCR」、複数の書類を、種類ごとに自動で仕分けるサービス「Elastic Sorter」、「非定型帳票」をデータ化するサービス「Multi Form」という3つのアプリケーションを有しており、組み合わせて契約、利用することが可能です。

実証実験 概要

東京都では、「2020 改革プラン」の1つである「しごと改革」に基づく業務改革・改善として都庁BPRの推進を掲げており、事務の集約化やICT技術の活用による総務事務の一層の効率化に取り組んでいます。
都庁BPRとは、ビジネス・プロセス・リエンジニアリングの略で、都庁における業務プロセスの抜本的な再構築を目指す取組のことです。
RPAやAIなどの先進的ツールを活用した業務のデジタル化を拡大することにより、都民・事業者の更なる利便性向上を図っていく方針を掲げています。その一環として、AI活用による業務改革に向けた実証実験を実施することとなりました。

実証実験は、DX Suite 導入による紙帳票のデジタル化を通じ、バックオフィス業務を中心とした業務効率化・省力化が可能となる業務の見極めや本番導入を見据えた効果検証を行います。
尚、実証期間は2020年1月〜2020年3月を予定しており、みずほ情報総研、日立製作所と連携して実施する予定です。

業務改革を支援するAI-OCR「DX Suite」に注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中