重要なお知らせ:新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染予防・拡散防止の対策についてこちらをご確認ください。

AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  Hmcomm、AI音声自動応答システム「Terry」と「Salesforce」を連携へ!

公開日:2020.01.31 

Hmcomm、AI音声自動応答システム「Terry」と「Salesforce」を連携へ!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日は、Hmcomm株式会社が販売するAI音声自動応答システム「Terry」に関するtopicsです。

ディープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合研究所発ベンチャーHmcomm株式会社は、現在、AI音声自動応答システム「Terry」の販売を推進しています。

Terryとは

Hmcommが販売するAI音声自動応答システム「Terry」とは、音声認識と音声合成、自然言語処理を活用しAIがお客様の電話に音声で対応し、要件のお伺いや商品の販売などが可能なAIオペレータです。
音声認識技術と音声合成技術を活用し、高認識率、ハイレスポンスでお客様との電話で自然な会話を実現します。
https://www.terry-hmcomm.com/

Terry導入による課題解決

Terryの導入により、コンタクトセンター業界が抱えている以下のような課題を解決することが可能となります。

人件費高騰、人材不足

オペレータに代わって電話対応できるTerryの導入で、新規採用費や教育コストを削減します。

集中呼対応

電話集中時に電話を取り切れず、お客様をお待たせしていた課題に対し、Terryの導入でスムーズな応対が可能となり、お客様の満足度も向上します。

お客様接点の増加

深夜や休日などの営業時間外に、Terryによる自動受付を開始したことで新たなお客様接点を作る出すことが可能です。

人とAIの共存

電話に関する定常業務は、Terryが代行可能であり、社員はより高度なお客様対応に専念できます。夜間対応など無理なシフト業務も減少し、働き方改革を実現します。

今後の推進内容

お客様の手軽な利用や高度な活用に向け、「Terry」のSaaS化を進めています。Salesforce導入済みの企業からは、「Salesforce」との連携を求める声も多く、Hmcomm社は、セールスフォース・ドットコムのAppExchangeパートナープログラムに参加し、株式会社テラスカイと協業で「Terry」と「Salesforce」との連携アプリケーションの開発にも着手しました。2020年春の公開に向け、準備を進めています。
今後も人工知能を活用した新たなソリューションを創出するため、お客様の業種に特化したさまざまなノウハウとHmcommの先進のAI音声処理を組み合わせることで、サービス力を強化し、新たなイノベーションを創出していく方針です。

AI音声自動応答システムの「Terry」導入と更に高度な活用に向けたHmcomm社の新たなソリューションに注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

AIの最新情報、セミナー情報を受け取る

*メールアドレス

Facebookページ