AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  『AIコンシェルジュ for チャットボット』サービス開始へ!

公開日:2020.01.20 

『AIコンシェルジュ for チャットボット』サービス開始へ!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、USEN-NEXT GROUPの株式会社 TACTによる「AIコンシェルジュ for チャットボット」をご紹介します。

USEN-NEXT GROUPの株式会社 TACTは、AIエンジンによる自然言語処理を用いた新たな自動応答チャットボットサービス「AIコンシェルジュ for チャットボット(以下、AICチャットボット)」を1月15日より提供開始しました。
『AICチャットボット』は、「AIコンシェルジュ®」の対話エンジンを用いたAIが、ユーザーからの問い合わせに適切な回答を自動応答し、高品質な会話を実現します。

サービス概要

「AICチャットボット」は、ユーザーからの問い合わせに対して、機械学習により適切な回答を抽出し自動で回答するチャットボットサービスです。機械学習に必要なデータは、電話の自動応答サービス「AIコンシェルジュ®」の運用で、1,000万件を超える会話データ分析の実績を持つTACT社がクライアントに代わって構築します。
また、機械学習だけでなく、選択肢をたどっていくことで質問を特定する、選択肢型のチャットボットとしても利用が可能です。導入後も、豊富なチューニング実績を持つ当社が、エラーポイントの発見と改善策をご提案し、継続的に精度向上をサポートします。
これにより、シナリオ構築の負担や、導入後のチューニング作業に対する不安などで利用を断念していた企業に対して、社内・社外向け問わず気軽にチャットボットを導入いただくことが可能になります。

■価格
初期費用:25万円~
月額費用:25万円

サービス提供の背景

TACT社はこれまで、電話による問い合わせが中心のユーザーを対象としていたため、PC操作が必須のチャットボットだけではコールセンターが抱えている課題の解決につながらない、市場導入が難しいと考えました。
そこで、コールセンター向けのソリューションとして「音声」に着目した自動応答サービス「AIコンシェルジュ®」のリリースに至りました。「AIコンシェルジュ®」は、発話した問い合わせ内容を認識し、音声合成技術を使って回答をすることでコールセンターの効率化をサポートしています。

さらに近年、「AIコンシェルジュ®」導入企業からの様々な要望に応えていく中で、新たな課題も見えてきました。例えば、パソコンなどのテクニカルサポートにおいて、電話による音声応答の「AIコンシェルジュ®」単体では操作方法や故障状況などの複雑な説明を伝達しづらいことなどが挙げられます。
そして今回、『AICチャットボット』の提供を開始し、従来の「AIコンシェルジュ®」による音声でのサポートに加え、チャットボットでの動画や画像による視覚的コンテンツを組み合わせて提供することで、通話時間を短縮しオペレーター負荷の軽減を実現します。
また、TACT社開発の対話エンジンを組み込むことにより、低価格での提供が可能となります。

URL:https://www.tactinc.jp/news/ai-concierge-for-chatbot

1,000万件超の会話データ分析実績を活用し、企画・設計から運用・フォローまで一気通貫サポートする『AIコンシェルジュ for チャットボット』サービスに注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中