AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  Will Smartが「課題解決型AIソリューション」の提供を開始へ!

公開日:2020.01.09 

Will Smartが「課題解決型AIソリューション」の提供を開始へ!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員のChisatoです。
本日のtopicsは、株式会社Will Smartがリリースした画像認識技術を活用したAIソリューションをご紹介します。

IoT関連の技術群を活用したソリューションの提供等により、お客様の課題解決を支援する株式会社Will Smartは、「課題解決型AIソリューション」のサービス提供を開始し、その第1弾として「画像認識技術を活用したAIソリューション」をリリースしました。
URL:https://will-ai.willsmart.co.jp/

課題解決型AIソリューションについて

Will Smartの「課題解決型AIソリューション」は、お客様に合わせた課題解決のアイディア創出に加え、ハードウェア製造からソフトウェア開発まで提供できるトータルサービスです。
近年、さまざまな業種において人手不足などのビジネス課題が深刻化しており、有効な解決策を見出せないとの相談が増加しています。それらを解決すべく、Will Smartは、AIによる画像認識技術を活用し、公共交通機関などで自動化・省人化に向けた実証実験を行ってきました。そしてこの度、画像認識技術を活用したAIソリューションの提供開始に至りました。

課題解決型AIソリューションの3つの特長

1)導入環境に適したハードウェア・ソフトウェアの提供

国内外の提供ベンダーとネットワークを構築しているため、お客様の求める機能を備えたハードウェアの調達、ソフトウェアの開発が可能です。また、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、多様なAIソリューションの提供を行うことができます。

2)お客様に合わせた価格での提供

お客様の求める機能に合わせたソリューションをご提供できるため、その状況に応じた価格で提案できます。

3)課題解決のご提案から導入後の運用まで一連の業務をサポート

様々な事業者と課題解決を行ってきた経験を踏まえ、要件定義からハードウェア・ソフトウェアの提案、システム導入までの一連の業務をサポートします。
また、導入後も安心して利用いただけるようサポートも行います。

画像解析を活用した具体的な利用シーン

利用客の数量や属性を分析

・ 公共交通機関の場合:利用者数を計測して、ダイヤ改正や係員の配置の検討に活かすことが期待されます。
・ 商業施設の場合:来店客の属性(年代や性別)を計測してテナント誘致などマーケティング施策に活用することが期待されます。
・ 小売店の場合:来店客の店内行動を計測することで、店舗設計や棚割りに活用することが期待されます。

施設内での危険行動を検知

・ 公共交通機関の場合:駅ホームでの利用客の危険行動(転倒、危険エリアへの立ち入り)を検知することで、事故やトラブルを未然に防ぐことが期待されます。

工場での不良品の検知

・製造業の場合:製造ラインで高速に流れる製品から微細な不良品を検知することで、品質向上と歩留まりの解消が期待されます。

Will Smartが提供するAI画像認識技術サービスに注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中