AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  世界初となるAI搭載型ドライブレコーダースマートフォンアプリ 「スマートくん」 無料リリースへ!

公開日:2019.12.19 

世界初となるAI搭載型ドライブレコーダースマートフォンアプリ 「スマートくん」 無料リリースへ!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員のChisatoです。
本日のtopicsは、AI搭載ドライブレコーダーアプリ「スマートくん」をご紹介します。

ニューラルポケット株式会社は、スマートフォン向けアプリケーションにおいて、世界初となるAI搭載のドライブレコーダーアプリ「スマートくん」を12月5日に無料リリースしました。

「スマートくん」特長

「スマートくん」はAI技術を用いた検知をスマートフォンの端末内で実施することができる、世界初のドライブレコーダースマートフォンアプリです。

スマートくんサービスページ:https://smartkun.neuralpocket.com/
App Store ダウンロードURL:
https://itunes.apple.com/jp/app/id1483587335?mt=8

専用端末不要の高性能ドライブレコーダー

スマートくんでは、各消費者・法人企業が手持ちのスマートフォンにおいて、アプリケーションをダウンロートし、市販の一般的なスマホ用スタンドに手持ちのスマホを取り付けるだけで、ドライブレコーダーの機能として常時録画や車間距離の計測が可能となります。
その上で、AIによる急発進・急停止などの動作感知や周辺に映る物体(自動車、歩行者、信号機等)の検知も可能となります。
ニューラルポケットは今回、「スマートくん」を個人・法人ユーザー問わず、アプリの基本利用については無料で提供します。従来のように、数万円の費用をかけてデバイス・専用端末を新たに用意および設置工事を行う必要がなく、気軽に高性能のドライブレコーダーとして利用できます。

全ての機能をスマートフォンの中に搭載

録画や車間距離計測、AIによる物体検知等を全てスマートフォンの端末内で処理を行うため、アプリケーションのダウンロード時等を除いて、ドライブレコーダー機能の利用は、基本的には通信料が発生しないものとなっています。
スマートフォンアプリケーションとなるため、全ての機能がスマートフォン内で完結し、映像の録画・映像確認等ドライブレコーダーに必要な機能が全て、非常に平易で直感的な操作で使用可能です。
また、AI技術を用いた取得したデータは今後2020年年始には、ユーザーに対する運転安全レポートや運転サポート通知(前方車両発信を音声で通知等)などの便利機能として利用・提供する予定です。

個人情報に配慮した形態

利用においては、基本的には個人情報を登録する必要はなく、ログイン/登録作業なく、気軽に利用することができるアプリケーションとなっています。AI技術を用いて取得をするデータもすべて個人情報に紐づけない形での取得です。
ニューラルポケットでは、個人情報に紐づけない形でプライバシーに配慮した上で、道路上のあらゆるデータ(混雑状況・道路情報等)を取得し、ビッグデータとして活用していくことを検討していく方針です。
具体的には、道路インフラの保守維持に必要な情報の収集や倒木・落下物等の道路安全に係るデータの把握、リアルタイムでの混雑状況把握による交通利便性の向上、自動運転の実現に向けた環境データ整備など、モビリティやインフラ等の関係企業や自治体・官公庁等と連携したデータの利活用を進めていく予定です。

スマートフォンの端末内で行うことが可能なAI搭載ドライブレコーダーアプリ「スマートくん」に注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中