AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  試験運用スタートした多言語AIチャットボット ObotAIとは?!

公開日:2019.11.14 [最終更新日]2019.12.08

試験運用スタートした多言語AIチャットボット ObotAIとは?!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。

AI研究所では、チャットボットの仕組みや実装方法までを学習できるセミナーを毎月開催しています!
チャットボットを自社で導入してみたい方やチャットボットの育て方を講師に直接聞いてみたい方は是非参加してみてください!
チャットボット作成入門セミナー

本日は、株式会社ObotAIが開発した多言語AIチャットボットサービス ObotAIに関するtopicsです。

2019年11月より、株式会社ObotAIが開発した多言語AIチャットボットサービス ObotAIが、台東区が提供する訪日外国人向けサイト「Visit Authentic TOKYO」にて、試験運用を開始しました。

ObotAI 試験運用内容

台東区文化産業観光部観光課が運営している訪日外国人観光客向けサイト「Visit Authentic TOKYO」は、歴史や伝統と現代の東京が交じり合う台東区の魅力を提供しています。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を目前に、訪日外国人数は増加の一途を辿っており、2018年には3,000万人を突破しました。
そんな中、年々たくさんの外国人で賑わっているのが浅草・上野・谷中がある台東区エリアです。
今回試験導入したAIチャットボットは、4言語(英語・中国語簡体字・韓国語・タイ語)に対応しており、試験運用期間:2019年11月1日〜2020年2月29日までとなっています。

【 Visit Authentic TOKYO 】公式ホームページ:https://authentic-tokyo.com/

ObotAIとは

ObotAIは、多言語(現在 7言語)対応のAIによる最先端チャットボットです。
従来のシステムでは、プログラム不要とあっても、ITの知識が少なからず必要なものが多く存在していますが、当システムは直感的な操作を重視しているため、どんな方でも安心してチャットボットの作成が可能です。
また、様々な分析や数値予測、アンケート収集など、クライアントの「改善したい」を、未来まで力強くサポートできるシステムです。

ObotAI特徴

・主要外国語への対応と、多言語による安心サポート

日本語だけでなくマルチ言語として、英語をはじめとした主要外国語(中国語(簡体語・繁体語)・韓国語・ロシア語・タイ語)にも対応しています。
外国語の専門知識がなくても、ホテル、レストラン、観光関連に熟知した弊社専門スタッフが、クライアントのAIデータ入力を多言語にてサポートします。

・コスト削減効果

従来、スタッフが対応していたお問い合わせ業務をチャットボットにより一部自動化することで、人件費をはじめとしたコスト削減効果があります。また、顧客サポート時間を広げることを可能とします。

・デジタルサイネージへの対応

タッチパネル入力や音声入力が可能なデジタルサイネージにも対応!多言語案内ツールとして無人のインフォメーションセンターを実現し、あらゆる公共施設や商業施設において幅広い用途でご利用いただけます。
また、地方自治体における観光案内ツールとしての導入実績もあり、今後も様々な企業や自治体に普及していく見込みです。

対応UI(ユーザーインターフェース)
・WebChat
・LINE
・Facebook Messenger
・Wechat
・KakaoTalk
・Skype
・Slack
・各種AIスピーカー(スマートスピーカー)
・デジタルサイネージ
・IoT

今後ますます外国人観光客の増加が見込まれる中で、活躍の場が期待される「ObotAI」に注目です!

ai_チャットボットセミナー

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

AIの最新情報、セミナー情報を受け取る

*メールアドレス

Facebookページ