AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  JAXAベンチャー認定企業「DATAFLUCT」、AIによる衛星画像検索サービス「DATAFLUCT discovery.」ローンチへ!

公開日:2019.11.12 

JAXAベンチャー認定企業「DATAFLUCT」、AIによる衛星画像検索サービス「DATAFLUCT discovery.」ローンチへ!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、株式会社DATAFLUCTによる衛星画像検索サービス「DATAFLUCT discovery.」をご紹介します。

JAXAベンチャーに認定された、データサイエンス・スタートアップ企業である株式会社DATAFLUCTは、地図情報だけでは発見することが難しかった車、家屋、駐車場といった対象物を検出する衛星画像検索サービス「DATAFLUCT discovery.」を2020年2月、正式にローンチします。
現在、本サービスをリリース前にご利用いただく企業様を募集しています。

DATAFLUCT discovery. 開発目的

従来、衛星データはコストが高い、使い方が分からない、またデータを活用してビジネスモデルが構築できないといった理由から積極的に活用されておらず、防災・防衛といった国の事業にしか活用されていませんでした。
DATAFLUCT社は、民間企業が衛星データを身近に活用できるサービスを提供することで、企業がそこから新たな価値を発見し、ビジネスの創出や社会課題の解決など、持続可能な経済発展につながるよう貢献していきます。

DATAFLUCT discovery. とは

DATAFLUCT discovery.は、ユーザーコミュニティによる衛星画像のディープラーニングを通じて、地図情報だけでは発見することが難しかった車、家屋、駐車場といった対象物を「可視化・解析・示唆」するサービスです。
ユーザーがWeb上の衛星画像から対象物をアノテーション(あらゆるデータにタグ付けをする作業)すると、ディープラーニングの元となる教師データが作成されます。衛星画像は、Maxar Technologies Inc.(Digital Globe)の「商用観測衛星の高解像度画像」、 Planet Labs,Inc.の「高頻度の陸域・海域観測の商用衛星」をはじめ、 JAXAの「先進光学衛星(ALOS-3)」(2020年度打ち上げ予定)といった光学衛星を活用予定です。
衛星画像が、対象物の「位置検出(緯度経度・住所情報の検出、リスト化)」「個数検出・変化検出」「状況把握・変化の検知」などを深層学習していくので、より高精度な対象物検索が可能になります。

本サービスは⼀部無料で使用できます。また、より広範囲・高精度での対象物検索が可能な有料版もあります。

■活用事例案

1.新築家屋物件の営業先リストの作成 (対象企業:太陽光パネルの販売会社など)
現在と数年前の衛星画像を重ね合わせることで、 当時物件がなかった場所に新しくできた「新築家屋」を検知。その場所の緯度経度から住所情報を検出することができます。

2.競合店の売上・株価予測(対象企業:小売店)
競合店の駐車場にある車両台数をモニタリングすることで、売上・株価の予測が可能です。

3.穀物類の収穫量を予測し、先物取引に活用
先物取引で対象となる穀物類を衛星画像からモニタリングすることで収穫量が予測でき、取引時に活用できます。

4.森林災害・貿易船等の異常察知(対象企業:貿易会社、政府機関)
衛星画像を使って広範囲の森林をモニタリングすることで、早い段階で山火事等の災害を検知できます。また貿易船の積荷情報や、沖合を船舶する不審船等の検知も可能です。

■サービスの流れ

1.検索したい対象物(車・家屋・駐車場など)を選ぶと、マップ上にある対象物が自動検出されます。

2.WEB上でマーキングをすることで、対象物を追加的に検出することが可能です。

3.検出した対象物情報の「位置検出(緯度経度・住所情報の検出、リスト化)」を取得できます。

4.過去の衛星画像との比較により対象物の「個数変化」を検出できます。

5.取得した対象物情報と経済指標等との相関により、データの予測・変化を検知できます。

ユーザーコミュニティを通じた衛星画像の深層学習により、民間企業の衛星データ活用をもっと身近にする「DATAFLUCT discovery.」に注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

AIの最新情報、セミナー情報を受け取る

*メールアドレス

Facebookページ