AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  E資格の講座とは?おすすめ講座から受講するメリットまで解説

公開日:2019.10.24 [最終更新日]2019.11.16

E資格の講座とは?おすすめ講座から受講するメリットまで解説

カテゴリー: AI(人工知能)の資格

E資格 講座 講座を受けるメリット

こんにちは。AI研究所です。最近では、世界でエンジニアが不足していますね。
これから転職や就職を考えている方に、この記事は役に立つはずです。
その理由は、2017年以降、東京都内ではAI関連の求人数が毎月10%ほど増えてきているからです。
このデータは、TEAM AIの独自データから分かったもの。
さて、今回ご紹介するのは、

  1. E資格とは何か(簡単に)
  2. E資格を習得する場合、口座を受ける必要がある
  3. E資格を習得するための「おすすめの講座」

以上の3つをご紹介しますね。

では、詳しく見ていきましょう。

E資格とは

E資格とG検定の違いを比べてE資格を解説

日本ディープラーニング協会が認定している資格には、G検定・E資格があります。
ここででてきた「ディープラーニング」というのは”大量のデータを使い機械自身が考えて動く”ことを指します。
E資格を解説するためには、G検定の解説も少し必要なので見ていきましょう。
G検定というのは、先ほどのディープラーニングの知識を使って”事業で応用する人”のことです。この資格は、年に3回受けることができ、誰でも試験を受けることができます。
では、E資格というのはどういったものでしょうか。
E資格はディープラーニングの理論を理解し、ディープラーニングを”機械に実装する人”のことです。
E資格を習得することで、「資格を持ったエンジニア」になることができますね。
現在多くの企業ではエンジニアが人手不足なため、資格を手にすれば、大手企業に就職できる可能性は充分ありえますよ!

E資格を習得するには「講座」を受ける必要がある

先ほどは、E資格を習得することで大手企業に就職できる可能性があることを書きました。
しかし、E資格を手にするには「講座」をあらかじめ受ける必要があるのです
日本ディープラーニング協会が認定している講座を受けることで、E資格を習得できるのですね。
また、E資格を手にするときの勉強方法は、2つあります。

  1. 参考書で先に勉強してE資格を習得
  2. 講座を先に受講してE資格を習得

講座を受講する場合、「ディープラーニングについてすでに知っている」人を対象にした講座もあります。
つまり、”先に基礎を勉強して講座を受ける方法があります
とはいえ、「一気に『講座』で完結する方法はないのか?」と思う方もいるでしょう。もちろん、”一気に講座で完結する方法もありますが、かなり高額”になってしまいます
ただでさえ、基礎を勉強して講座を受けるときには、20万円はかかります。
それに加えて基礎を講座で学ぶとなると、その分講座代が20万円以上かかってしまうのです。
ゆえに、先に基礎を勉強してから講座を受けると講座代を安く抑えることができるのです!
次は、おすすめの講座をご紹介します。

E資格のおすすめ講座8つ

その1「実務で使えるE資格対策ディープラーニング短期集中講座」

  1. E資格の出題範囲をすべて理解できる
  2. ディープラーニングを実務で活用できる深い知識
  3. 誰にでも理解できるように、わかりやすく丁寧な内容

その2「現場で使えるディープラーニング基礎講座」

  1. プログラミング言語レベルで実装する力が身につく
  2. 最新の注目技術が身につく
  3.  E資格に合格するレベルの知識が身につく

その3「AIジョブカレディープラーニング講座」 

  1. 自社ビジネスに活かしたい方  
  2. AI・DeepLearningエンジニアとしてキャリアアップしたい方
  3. 自由な働き方をしたい方

その4「AI人材育成のための超実践型オンライン講座」 

  1. AI活用におけるあらゆる課題に対応
  2. 国内最大級のAI開発人材ネットワーク
  3. 国や大手企業の案件を多数実施している実績 

その5「ディープラーニングハンズオンセミナー」

  1. 実務をこなすための基礎を身に付けたい方
  2. 機械学習、ディープラーニングなどについて体系的に学びたい方
  3. プログラミング経験が中級以上の方 

その6「業界初合格保証付 Premium Plan E資格対策コース」

  1. 合格に向けて王立よくスキルを磨ける
  2. 試験中などについて分からなかった箇所をチャットで対応
  3. 数学プログラミング経験不問 

その7「全人類がわかるディープラーニング体系講座」

  1. 合格率88.6%
  2. プロダクト開発経験が身につく
  3. 業界最大級の基礎講座 

その8「現場で潰しが効くディープラーニング講座 」

  1. 日本初のAI資格試験に対応
  2. 実践習得に特化・全体像の把握
  3. 基礎の繰り返し

E資格を講座で学ぶメリット

E資格を講座で学ぶメリットは4つあります。

  1. 講座を受講することでE資格が手に入る
  2. ディープラーニングを実装することができる
  3. 最新の技術傾向・どのような分野を中心に勉強すればいいかが分かる
  4. モチベーションを高め続けることができる

以上の4つが講座を受講するメリットでしょう。
講座を受講するとなると約20万円ほどかかりますが、充分受講するメリットがありますね。
E資格の学習では、数学を学習する必要があったり、ディープラーニングなどかなり難しいことを学ばなければならないです。
そのため、講座で友達を作って一緒にE資格について学べば、楽しく学習できるのではないでしょうか。
AI業界はかなりの人材不足です。
そのため好条件での採用がおこなわれており、E資格を持っていれば大手企業に就職できる可能性があります。
また、TEAM AIの調査で、AIエンジニアの年収相場が分かりました。
日系企業なら500〜1200万円で、外資系企業なら800〜1500万円という統計結果。ぜひ、講座で学びE資格を手にしてくださいね。

E資格の講座まとめ

ここまで、読んでくださりありがとうございます。
今回は、おすすめの講座と、E資格を習得するには講座を受講する必要があるとご紹介しました。
私のおすすめとしては、先に基礎を勉強してから講座を受けることです。
そうすることによって、講座の費用を抑えることができるからですね。
講座のコースには、 AI基礎を学べるコースがありますが、講座は基礎を学ばずとも20万円はかかってしまいます。
ゆえに、先に基礎を基礎を勉強してから講座を受講してくださいね。

E資格に合格するためにおすすめなJDLA認定のE資格対策講座

AI研究所が開催している「実務で使えるE資格対策ディープラーニング短期集中講座」は日本ディープラーニング協会にて規定されている出題範囲をすべてカバーしているセミナーです。

セミナーの内容は常に最新のE資格に完全対応しています。試験対策を中心に、E資格に合格するためのポイントを絞って学習できます。
誰にでも理解できるように、わかりやすく丁寧に教えてもらえるため、専門用語などがわからない方でも全く心配はありません。

この機会に是非、受講されてみてはいかがでしょうか?

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ