AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  世界初、 日本語AI対話エンジン「NeoRMR」を「Zendesk」に組み込み、販売開始へ!

公開日:2019.10.15 

世界初、 日本語AI対話エンジン「NeoRMR」を「Zendesk」に組み込み、販売開始へ!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員のChisatoです。
本日は、株式会社オルツテクノロジーズが提供する「NeoRMR」に関するtopicsです。

人工知能開発プラットフォーム「Altgo.com(オルツゴー)」を展開する株式会社オルツテクノロジーズは、クラウド型カスタマーサービスプラットフォーム「Zendesk」の公認ソリューションプロバイダーである、フォー・フュージョン株式会社と、オルツテクノロジーズが提供するAI対話エンジン「NeoRMR(Neo Rewritable Memory based Retrieval)」の展開パートナーとして業務提携しました。
NeoRMRをZendeskに組み込み、あらゆるユーザー情報をZendeskに集積し、様々なAIチャットソリューションを提供していきます。

NeoRMRの概要

NeoRMRは、RPA、CS、ボット企業とその顧客とのコミニケーションの自動化に大きな成果を発揮するAIエンジンです。すでに数多くの事業会社の顧客サポートにて旧RMRが稼働しており、そこから得られた知見と株式会社オルツの最新研究成果を結集して、さらなる高性能化を実現した進化版としての位置付けとなります。
従来のコミュニケーションエンジンでは、事前に膨大な学習データを投入する必要があり、開始までの経済的、人的コストが事業を圧迫していました。これに対し、NeoRMRでは、人間オペレーターの通常業務を継続的に学習し続ける設計とすることで、導入時の負荷を大幅に削減することに成功しています。
初期学習後も継続的に人間オペレーターとの協同学習が進むため、最終的には、完全自動化を達成することも可能となります。

https://alt-technologies.com/rmr/

提携による新しい試み

この提携により、フォー・フュージョンのZendeskインプリアプリケーションとして、最も難解な言語とされる日本語AIモデルのサービスがオープンすることとなります。

NeoRMRは最先端の言語処理アルゴリズムMUSE ( Multi-lingual Universal Sentence Encoder )の実装により、多言語化にも対応し、日本国産の先端言語AIモデルのグローバル市場への初の展開となります。
以上のAPI連携により、フォー・フュージョンの顧客は、Zendeskの機能の1つである、お問い合わせの種別や条件、時間軸等に応じた条件を基に設定する「自動化」に加え、最先端の日本語AIエンジンが組み込まれることにより、メール、チャット、電話等の各種サービスの利用も極めて快適に、迅速に行えることとなります。

例えば、膨大なお問合せを抱える「航空会社」「旅行会社」「通信会社」では、予約や変更等の簡単な質問から、クレームや品番指定等を必要とする、人が対応しないと解決できない高度な質問まで、お問合せ内容が多岐に渡りますが、将来的にはAIによる自動対応が可能となります。

NeoRMRとZendeskを組み合わせて利用することにより、開発コストやエンジニアを必要とせず、AI技術を用いたカスタマーサポートを実現可能です。

オルツテクノロジーズとフォー・フュージョンは、1年で100ライセンスの販売を目標としています。

日本国産の先端言語AIモデルNeoRMRのグローバル市場への初の展開に注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ