AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  CINCが人のように気持ちを察する感情分析AIを開発!

公開日:2019.09.30 [最終更新日]2019.10.02

CINCが人のように気持ちを察する感情分析AIを開発!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、6つの感情を判定する感情分析AIをご紹介します。

株式会社CINC(以下、CINC)は、人の気持ちを分析する上で欠かせない6つの感情を、テキストから判定するAIを開発しました。 

感情分析AI 開発背景

AIによる感情分析は、急速な技術の進展を背景に世界で開発が進んでいます。市場調査やユーザーインサイトの把握などを目的に、マーケティング、人材、教育、医療などの分野で導入が進み、今後も注目が高まることが予想されます。 CINCは、創業から独自に自然言語処理の研究を進めており、研究・開発の成果をWebマーケティングの調査・分析ツールなどのソリューションとしてクライアント様に提供してきました。 そこで培ったノウハウを活用し、主席研究員を中心としたR&Dチームで、感情を正確に判定できるAI開発を推進しています。

感情分析AI 詳細

このたび開発に至ったAIは、「怒り」「恐れ」「好き」「喜び」「悲しみ」といった基本的な5次元 の感情に、判定が困難とされる「中立」を加えた6つの感情を分析できます。英語に比べて構造化が難しいとされる日本語のテキストから 、言葉の背景にある書き手の心情を分析することを可能にしました。

例えば英語の場合、単語の間にスペースを用いるため、AIにも文章の区切りを理解させることが容易とされています。一方で、日本語は、主語、動詞、助詞、助動詞などが連結して一つの文章が成立します。そのため、一見何通りもある区切り方の中から、正しく文節を区切って文意を理解するための規則性を学習させる必要があります。
二つ目に、日本語特有の結論のわかりにくさが挙げられます。英語の場合、主語の次に述語、その後に目的語や修飾語が続くため、文頭で趣旨を理解することができます。一方、日本語は主語と述語の間に目的語や修飾語が並ぶことが多いため、機械的に文の趣旨を判断するには、英語に比べて技術的により多くのステップを必要とします。
こうした日本語独自の特徴が、AI開発に必要な構造化を複雑にし、日本語分析のハードルを高くしていると考えられます。

(左)章を区切る箇所に応じて異なる意味を示す文章になる。(右)英語は文頭で「嫌い」とわかるが、日本語は最後まで読まなければ嫌いであることがわからない。

日本語の微妙なニュアンスを理解できるAI

日本語は、書き手の状況や前後の文脈で、同じ言葉でも意味が異なることがあります。例えば、「おいしくない」と「おいしくない?」のように、疑問形や否定形で終わる文章の場合、文末表現の違いで発言者の意図が大きく変わるケースもあります。人であれば汲み取れる微妙なニュアンスの違いも、AIにとっては判定するのが難しい課題となります。
CINCが開発したAIは、「おいしくない」を否定的な意味ととらえますが、語尾に「?」がつくことで「おいしい」と肯定するニュアンスに変わることを理解します。

感情分析AIによる今後の可能性

ビジネスシーンでは、膨大な量の情報を一度に把握しなければならない場面があります。例えば、イベント後のアンケートや面談記録など、何万字にも及ぶ莫大なテキストを分析に関して、作業をAIが担うことで、膨大なテキストデータも高速で分析できるようになります。
また、一つひとつ目視で行うと莫大な時間を要するSNSの分析も、AIを活用することでテキストに含まれる感情の傾向について、短時間で手軽に把握することが可能です。

AIの活用によって生み出された時間を、事業の戦略立案など、重要度の高い業務に充てることで、働き方改革の実現をサポートします。

CINCでは自然言語処理の研究、ツール開発・提供を通じて培ったノウハウを活用し、日本語のテキストデータから文章の背景にある書き手の感情を分析するAIの開発を、今後も推進していく方針です。

日本語の細やかなニュアンスを判定し、より精度の高い感情分析を可能にする、CINCの感情分析AIに注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ