AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  スカイディスク社による、工場インフラ設備の可視化とAIによる自働化サービスとは?!

公開日:2019.09.26 

スカイディスク社による、工場インフラ設備の可視化とAIによる自働化サービスとは?!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員のChisatoです。
本日のtopicsは、 AIによる自働化サービス「工場ドクター“FORS”」をご紹介します。

main

製造業に特化しAIサービスを提供する株式会社スカイディスクは、中島工業株式会社、AIエンジニアリング株式会社(以下「AIE」)と共同で開発中の「工場ドクター“FORS”」の第一弾となる AIによる水処理設備向け 自働化サービス【Suizin(水神)】を、2019年7月9日(火)〜12日(金)に東京ビックサイトで開催される「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」にて初披露しました。

3社は、2018年1月に、食品工場の水処理向けAI・IoTサービス構築検討のため、企画・研究・開発・設計業務に関する基本合意書を締結しました。以後、経営に大きなインパクトを与える浄水業務へAI技術適応を目指して、浄水から排水までの一連の水処理分野における開発を進めてきました。
具体的には、工場の井戸水を浄化するろ過器にセンサーを設置し、データをAIで分析することで、逆洗のタイミングや回数を最適化し、作業工数とコスト削減に繋げています。

この実績から、どのようなデータをどう取得し、AIでどう解析をすれば価値が出せるか、というノウハウを集約し、どの工場でも利用できるような汎用性を持たせたサービスが、今回初披露する工場ドクター”FORS”の【Suizin(水神)】です。スカイディスクでは今後、このサービスと連携したAI機能を追加予定です。

■工場ドクター”FORS”の主な機能

AIEが提供するサービス「工場ドクター“FORS”」は、下記機能が標準で搭載されます。
1. 設備の状況をリアルタイムで把握できるダッシュボード画面
2. 装置の故障を検知しメールでアラートを通知する機能
3. リアルタイムの数値で報告書の作成ができる機能
これにより、稼働状況をどこでも把握できるようになり、安定稼働に必要なデータ収集はもちろんのこと、点検等の作業工数の削減やコスト削減、付帯設備の最適化などに貢献できます。

■水処理設備向け 自働化サービス【Suizin(水神)】とは

工場ドクター“FORS”の中でも、水処理設備向けに特化したサービスの名称で、スカイディスクでは【Suizin(水神)】で可視化されたデータをAIで解析し、稼働率向上や品質改善を実現する機能を提供します。

■初披露のデモンストレーションについて

2019年7月9日(火)〜12日(金)まで東京ビックサイトで開催される「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」にて、工場ドクター“FORS”の標準機能及び、【Suizin(水神)】のデモンストレーションを初披露しました。

詳細:http://www.foomajapan.jp/

sub1

製造現場へのAI導入を推進するスカイディスク社のAI自動化サービス「工場ドクター“FORS”」に、今後も注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ