AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  Scikit-learnを使ってSVMでクラス分類する方法

公開日:2019.09.06 

Scikit-learnを使ってSVMでクラス分類する方法

カテゴリー: AI(人工知能)の作り方

こんにちは三谷です。
今回は、AI(人工知能)の一つ、機械学習においてとても有名なアルゴリズム、SVM(サポートベクターマシン)の使い方について徹底解説します!
Scikit-learnを初めて使う方でもわかりやすく解説しますので、是非チャレンジしてみてください。

SVM(サポートベクターマシン)とは?

SVM(サポートベクターマシン)は、教師あり学習のクラス分類と、回帰のできる機械学習アルゴリズムです。それぞれSVC(Support Vector Classification)、SVR(Support Vector Regression)と書かれることもあります。

SVM(サポートベクターマシン)は、少ない教師データで高い汎化性能を持てることが特徴で、計算も早く過学習も起こしづらいです。使い勝手が良いため、今でも様々な分野で活用されているアルゴリズムです。
ただし、データがばらついたり偏ると、計算量が膨大になったり(次元の呪い)、学習が非常に非効率なため、データのサンプル数が多い場合(100,000サンプル以上)はメモリ使用量や実行において難しくなる。デメリットがあります。

SVM(サポートベクターマシン)の仕組みを解説

SVM(サポートベクターマシン)は、パーセプトロンに「カーネル関数」と「マージン最大化」を加えて次元を増やすことで、非線形の分割を線形に分割できるようにしているアルゴリズムです。境界に最も近いサンプルとの距離(マージン)が最大となるような超平面で分離する計算をしています。

難しいと思いますのでひとつずつ紐解いていきましょう。

このようなデータを用意してみました。
オレンジの点と青い点を分類する問題だと考えてください。これらの点を学習することで、いい感じにオレンジと青を分類できるようになったモデルは、新しい点が打たれた際にその点が青なのかオレンジなのかを当てることができるようになるはずです。この考え方が基本的なクラス分類問題の考え方です。

一番シンプルな分類問題の解決方法は、線形モデルと言われるものです。線形モデルはこの2つの点を分類するのに、直線を引くことで分けようとすると思ってください。しかし、今回のデータでは直線では分離することはできません。このことを、線形分離できない、といいます。無理やり線を引いても、オレンジと青は分離できません。

そこで、このような分離をうまくできるように、まず「カーネル関数
という考え方が使われます。カーネル関数とは、非線形の特徴量をデータ表現に加えることで次元を増やし、分離をする際に使用されるアルゴリズムです。
入力の特徴量を拡張する意味で、2番めの特徴量の2乗を新しい特徴量として加えてみます。すると、先程まで2次元だったデータが3次元データになりました。

こうすると、先程まで直線によって分離できなかった問題が、「平面」によって分離できるようになります。

このように、入力特徴量の次元を増やして線形分離できるようにしたのがSVM(サポートベクターマシン)の基本的な考え方です。

このカーネル関数を適用すると、実際にデータポイントの拡張を計算し始めますので、高次元で計算量が多くなりすぎる問題が発生します。そのため、数学的に解決するカーネルトリックという手法が用いられる事が多いです。

もう一つの特徴、「マージン最大化」についてもご紹介しておきましょう。
例えばこのようなデータを赤と青の点に分けることを考えます。

直線の引き方は幾通りも考えられるのがおわかりいただけますでしょうか。どちらの線でも、2つの点を分類できています。

最終的にほしい分離の線は、「新しい青または赤の点が入力されたときに、正しく(汎用的に)赤か青かを分類できる線」ですので、どちらのほうがいい線なのかを考える必要があります。
このときに使われるのが、「マージン」という考え方です。マージンとは、線形分離する線からそれぞれのデータまでの距離です。このマージンが最大化するように分離の線を決めることをマージン最大化と呼びます。

ちなみに、一番近いデータ点を「サポートベクトル」と言います。

このような考え方で分離が行われるため、ディープラーニングで使われるニューラルネットワークに比べると、少ないデータでも汎用性が高い、つまり汎化性能が高いモデルができるのがSVM(サポートベクターマシン)の特徴となっているのです。

Scikit-learnでSVM(サポートベクターマシン)を実装する方法

ここからは、Scikit-learnでSVM(サポートベクターマシン)を試してみましょう。
インストールがまだの方は、こちらの記事(機械学習用ライブラリ「Scikit-learn」のインストール方法.docx)を見てインストールしてみてください。

[Create New Project]で新しいプロジェクトを作成します。

Locationに「opencv」と入力し[Create]をクリックします。Pycharmでは、プロジェクトという単位でプログラムを管理することができます。プロジェクトは、指定したLocationのディレクトリに作られたフォルダです。

[File]-[New]で新しくファイルを作成します。

ダイアログボックスから「Python File」を選びます。

「Name」に「svm.py」と入力し[OK]をクリックします。

ライブラリをインポートします。

from sklearn import datasets
from sklearn import svm
import matplotlib.pyplot as plt
from sklearn import metrics

上から、データセットのインポート、SVM(サポートベクターマシン)のインポート、グラフ描画用ライブラリのmatplotlibのインポート、結果を混同行列として確認するためのmetricsのインポートです。

データの準備と可視化をします。今回は、手書の数字が含まれたMNISTデータセットを利用します。

#データの準備
digits = datasets.load_digits()

n_samples = len(digits.data)
print("データ数:{}".format(n_samples))

#データの可視化
images_and_labels
= list(zip(digits.images, digits.target))

for index, (image, label) in enumerate(images_and_labels[:10]):
 plt.subplot(2, 5, index + 1)
 plt.imshow(image, cmap=plt.cm.gray_r, interpolation='nearest')
 plt.axis('off')
 plt.title('Training: %i'% label)
plt.show()

MNISTとは、Mixed National Institute of Standards and Technology databaseの略で、0~9までの手書きの数字画像が含まれたデータセットです。
学習用のデータが60,000個、テスト用のデータが10,000個の、合計70,000個の手書き文字データが含まれています。

datasets.load_digits()で、簡単にMNISTデータセットを呼び出すことができます。
最後のfor文は、1797データが含まれているデータセットのうち、始めの10個だけをビジュアライズするコードになっています。
ここまで実行してみると、以下のような出力になるはずです。

いよいよここからSVM(サポートベクターマシン)の設定です。

# SVM の読み込み
clf = svm.SVC(gamma=0.001, C=100.)

gammaとCが、調整が必要なハイパーパラメーターです。
gammaは、高次元空間へのマップ方法である放射基底関数(RBF:radial basis function)カーネルとも呼ばれるガウシアンカーネルの計算時に使用される、幅を制御する調整用のパラメーターです。gammaが小さいとガウシアンカーネルの直径が大きくなり、多くの点を近いと判断するようになり、gammaが大きいとデータポイントを重視するようになり、モデルがどんどん複雑になります。

Cは、正則化パラメーターです。これは、誤分類をどれだけ許容するかを決めるパラメーターで、大きく設定するほど誤分類をしないように分離が行われます。

学習を実行するコードを記述します。今回は、全データの60%を使用して学習を行いました。

# 60%のデータで学習実行
clf.fit(digits.data[:int(n_samples * 6 / 10)], digits.target[:int(n_samples * 6 / 10)])

なんと、1行で済んでしまいます!!
Scikit-learnにはSVM(サポートベクターマシン)のアルゴリズムが既に実装されているため、複雑な計算式は書かなくても、ハイパーパラメーターと学習実行さえ行えば機械学習ができるようになっているのです。
clf.fit(入力データ, ラベルデータ)と指定することで学習が実行されます。

残っている40%のデータを使って、テストを実行するコードを記述します。

# 40%のデータでテスト
expected = digits.target[int(n_samples *-4 / 10):]
predicted = clf.predict(digits.data[int(n_samples *-4 / 10):])

print("Classification report for classifier 
 %s:¥n%s¥n"% (clf,metrics.classification_report(expected, predicted)))
print("Confusion matrix:¥n%s" % metrics.confusion_matrix(expected, predicted))

実行すると、以下のような表が表示されます。
この表は、Scikit-learnで用意されているmetrics機能を使用したもので、学習済みモデルの評価ができます。学習済みモデルが予測をした結果がどの程度の評価で認識できているかを示してくれます。

また、下に表示されるのは混同行列(Confusion Matrix)です。行(正解ラベル)に0~9の手書き数字、列(予測ラベル)にも0~9の手書き数字があるとして、正解数が表示されます。
例えば、2行目を確認すると、1という手書き数字に対して1と予測したものが70個あり、2と間違えてしまったものが1個、8と間違えてしまったのが2個ある、という意味になります。

こちらは必須ではないですが、予測結果を可視化してみます。

#予測結果を可視化
images_and_predictions = list(zip(digits.images[int(n_samples *-4 / 10):], predicted))
for index,(image, prediction) in enumerate(images_and_predictions[:12]):
 plt.subplot(3, 4, index + 1)
 plt.axis('off')
 plt.imshow(image, cmap=plt.cm.gray_r, interpolation='nearest')
 plt.title('Prediction: %i' % prediction)
plt.show()

出力結果は以下のようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?単純なモデルでしたが、Scikit-learnのSVM(サポートベクターマシン)を使ったクラス分類の方法をご理解いただけたのではないでしょうか。
ハイパーパラメーターの調整など、是非いろいろ試してみてください。

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー IoT入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ