AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  SDGsピンバッジはどこで買える?SDGsロゴおよびアイコンの使用について

公開日:2019.09.03 

SDGsピンバッジはどこで買える?SDGsロゴおよびアイコンの使用について

カテゴリー: AI(人工知能)の知識

SDGsピンバッジはどこで買える?SDGsロゴおよびアイコンの使用について
こんにちは三谷です。
今回は、今話題のSDGsのピンバッジの購入方法と、ロゴやアイコンの使用について徹底解説します!

SDGs(持続可能な開発目標)とは?


SDGs(持続可能な開発目標)とは、国連によって提唱されている、これからの世界のための国際目標です。発展途上国や先進国問わず、これからの世界を発展させていくために、世界中の国々や人々が協力して持続可能な目標に向かって開発をしていきましょう!という、明るい未来に向かう内容になっています。

詳細はこちらの記事も御覧ください。

SDGsに取り組んでいる証のピンバッジを手に入れよう!

SDGsに取り組んでいる姿勢を表す証として、ピンバッジが販売されています。SDGsに取り組んでいることをアピールするために是非手に入れたいですね。

こちらの動画、外務省が作成しているピコ太郎のSDGs広報の動画です。

ピコ太郎はこの撮影があった関係で安倍首相と写った写真がInstagramに載っていました。安倍首相の右胸に光っているのがピンバッジです。


出典:ピコ太郎のInstagram

ここでは、ピンバッジの購入方法をご紹介します。

UNDP(国連開発計画)のオンラインショップ
国連が作成した公式ピンバッジはこちらの英語サイトからの販売のみとなっています。カートに入れることで購入できます。
https://shop.undp.org/products/sdg-lapel-pins


国際協力機構(JICA)が作成したバッジです。日本の官僚や政府閣僚がつけているのもこの商品だという噂も?!
http://www.local-plan.co.jp/sdgs/


Amazonを検索しても、いくつか販売されているものがあります。
現時点で見つかったのはこのあたりでしょうか。

メルカリでも販売されています。

楽天でも販売されています。

ヤフオク!でも販売されています。

SDGsの公式ロゴとアイコンを使う方法
SDGsのロゴや、アイコンは自由に使っていいのでしょうか?

企業などでロゴやアイコンを使用しようとすると、許可が必要?といったことが気になるかと思います。基本的にはこちらの国連広報センターのサイトから最新情報を確認していただくのが間違いないです。
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

基本的にはSDGs自体はどんどん広まって欲しいものですので、自由に使っていい用にダウンロードサイトなども紹介されています。
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_logo/sdgs_icon/

しかし、ロゴやアイコンを使用する際には、勝手に改変されたりすると印象も変わってしまうため、よくありません。
そのため、SDGsのロゴを使用するためのガイドラインが制定されています。このようなガイドラインは、企業や省庁などのロゴでは一般的なものですが、主に文字フォントや色、配置に関する事細かな注意事項が書いてあるものがガイドラインです。
ロゴを使用する際にはこのガイドラインに則って使用する必要がありますので注意してください。

ロゴ使用のためのガイドライン(日本語訳)
https://www.unic.or.jp/files/UN-Guidelines-for-Use-of-SDG-logo-and-17-icons-December-2017_JP.pdf

まとめ

いかがだったでしょうか。世界的なムーブメントに乗らない手はないですね!会社の人みんなでバッジを付けて、一味違う企業だということをアピールするのも良さそうです。

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ