AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  プログラミング不要、最適なAIモデルの検証/運用を効率化するプラットホーム「IDEA」リリースへ!

公開日:2019.09.02 

プログラミング不要、最適なAIモデルの検証/運用を効率化するプラットホーム「IDEA」リリースへ!

カテゴリー: AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、クラウド型AI検証/運用プラットフォーム「IDEA」をご紹介します。

main

Intelligence Design株式会社​は、クラウド型AI検証/運用構築プラットフォーム「IDEA」を9月2日(月)より提供開始しました。
本プラットフォームは、AI、統計学、プログラミングなど、これまでのAI構築には必須とされてきた知識を必要とすることなく、簡単な操作で、AI検証/運用を可能とするものです。

https://idea.i-d.ai

■「IDEA」開発背景

AIを活用できる先端IT人材を求める動きは業種横断で活発になっています。政府はIT業界全体で人材が約30万人、AIを含む先端IT人材は5万人不足するといった試算を発表しており、国を挙げての先端IT人材の育成/補填が急務となっています。一方、AIを導入するためにはAIに関する知見、数学・統計学の知識、プログラミングの知識などが必要とされますが、これらの複数の高度なノウハウを有する先端IT人材は希少性が高く、人手不足の昨今においては採用も困難な情勢です。
今回リリースされた「IDEA」は、AI技術を簡単に利用できる環境を提供するプラットフォームとなっており、企業におけるAIの検証/運用を促進します。
Intelligence Design社は、最先端のテクノロジーを持つ国内外の企業や技術者たちと連携し、新たなプロダクトや人工知能をソリューション化したサービスを生み出し、社会実装を推進して行く企業です。
デザイナーからサイエンティスト、エンジニアに到るまで、様々な人々がAI/先端技術を利活用することを促進するべく、今回、第一歩として、「IDEA」を開発・提供しました。

■「IDEA」が解決できる課題

「IDEA」では、「学習データ準備」「適用するアルゴリズム・モデルの選択」だけでAIを構築、結果を取得できます。また、それらの作業はボタン選択とマウス操作のみで実行でき、手軽にAIを利用できます。これにより、従来以上に多くのユーザーがAI技術を利活用でき、社会によりAIが普及されることが期待されます。

AIを気軽に検証/運用し、ビジネスに利活用できる「IDEA」のサービスに注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー IoT入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ