AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  サイシード社、『クラウドAIコンタクトセンター』開発プロジェクト開始 へ!

公開日:2019.05.30 [最終更新日]2019.06.16

サイシード社、『クラウドAIコンタクトセンター』開発プロジェクト開始 へ!

カテゴリー: 未分類

こんにちは!AI研究所の研究員のChisatoです。
本日のtopicsは、サイシード社の『クラウドAIコンタクトセンター』開発プロジェクトをご紹介します。

株式会社サイシードは、AIを活用したFAQ・チャットボットのシステムを展開する会社です。
今回、Amazon Web Servicesが提供するクラウド型コールセンターシステム『Amazon Connect』と、Google社が提供する、音声をテキストに変換するシステム『Cloud Speech-to-Text』に、サイシードのAI技術を組み合わせ、コールセンターでやり取りした対話内容の要約文を記録し、その要約文を基にオペレーターへ回答候補を提示する『クラウドAIコンタクトセンター』を開発したそうです。
『Amazon Connect』と『Cloud Speech-to-Text』を組み合わせ、商用利用をするのは日本初の取り組みとなります。

main

■正式版『クラウドAIコンタクトセンター』のポイント

・オペレーターと顧客の対話内容を音声認識で読み取り、AIが要約。その要約文をリアルタイムでテキスト化
・テキスト化された要約文をAIが解析し、オペレーターに回答候補を提示
・従来の1/5程度の価格で、AIコールセンターの運用が可能

■『クラウドAIコンタクトセンター』の開発とパートナー企業の募集について

今回開発予定の『クラウドAIコンタクトセンター』を活用すると、オペレーターと顧客の対話内容は、AIが自動で要約し記録を残してくれるため、オペレーターの後処理時間を大幅に短縮することが可能になります。また、AIがオペレーターへ回答候補を提示することで、新入社員でも適切な回答がしやすくなります。
ただし、『Cloud Speech-to-Text』単体で出力されるテキスト及び、サイシード社の要約エンジン単体では実用的なシステムとしては精度が不十分です。導入する企業に合わせて、音声データを元に個社ごとに学習を進めていく必要があるため、本開発プロジェクトに参画できるコンタクトセンター企業をパートナーとして募集しています。
尚、パートナー企業には本サービスの月額利用料を6ヶ月間半額で提供することを予定しています。

<パートナー企業募集概要>

●参画企業条件
・ブース数100席以上、もしくは月間入電数3万件以上の企業
・過去の音声データを提供いただける企業

●募集期間:2019年5月21日(火)~ 2019年6月30日(日)

パートナー企業募集フォーム:https://saichat.jp/contact/

■『クラウドAIコンタクトセンターβ版』の先行リリースについて

『クラウドAIコンタクトセンター』の開発に先駆け、『Amazon Connect』と『Cloud Speech-to-Text』そして、サイシードが提供しているFAQシステム『sAI Search』を組み合わせた『クラウドAIコンタクトセンターβ版』の提供を開始します。

今後、パートナー企業との『クラウドAIコンタクトセンター』の更なる開発プロジェクトに注目です!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー IoT入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ