AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  AI・業務効率化展に行ってきました

公開日:2017.11.12 

AI・業務効率化展に行ってきました

カテゴリー: AI(人工知能)のイベント

こんにちは、AI研究所の見習い研究員マサミです。

今日は、先輩に言われて参加してきた展示会、「AI・業務効率化展 秋」について書いてみます。
「AI・業務効率化展 秋」は、Japan IT Week 秋2017の中の展示会です。ほかにも、「クラウドコンピューティングEXPO」や、「ビッグデータ活用展」、「IoT/M2M展」なども同じ会場にて開催されています。

111

※出典:http://www.japan-it.jp/aki/sokuho/

主に5種類のAI関連の企業が出展されていました。
全体的に、AIというキーワードだけで人だかりは非常に多く、併催の別の展示会場より人口密度が多かったです。

展示されていたものを幾つかご紹介します。

AI作成受託サービス

「AI作成を承ります」「AI作成のために1ヶ月常駐します」と言った、AIを作成しますというサービスです。
請け負ってすぐできるものではない(どんなデータを収集するのか等によって精度を出すために時間がかかる)ため、コンサルティングとして請け負う会社さんもありました。

AI関連企業マッチングサービス

AI事業を始めるときに、どんな会社に相談したらいいのかわからないことがあります。その際にAI関連企業とつなぐサービスも増えてきています。
また、人工知能ベンチャーを立ち上げるためのアクセラレータープログラムなんてものも出てきていました。

ビッグデータ処理ツール

機械学習をする際に必要なGPU搭載のハードウェアの準備を支援するサービスや、大量データを軽く扱えるBIツール(ビジネスインテリジェンスツール・データ収集、分析のためのツール)も広がってきています。

AI人材育成サービス

AI人材を育成するための研修プログラムも増えてきています。
私たちが初めたときにはほとんどありませんでしたが、どんどん教育の場が広がって市場が活性化することはいいことだと思いました。

AI構築システム

AIを使用したWebでの接客システム(チャットボット)、ファイル分類や保護ができるシステム、図面や図形識別するサービス、ドローン制御(物体検出と自動航行) 、顧客の行動分析、売上予測、訪問企業の自動検索システムなど。


面白かったのは、インバウンド対策として「10ヶ国語対応!」といったサービスが増えていたことと、「働き方改革」というキーワードでテレワークを推進するサービスや、RPA(ロボティックプロセスオートメーション・業務の効率化、自動化の仕組み)の展示もかなり増えていたことです。
新しい技術でどんどん仕事の仕方が変わっていくなと感じました!

ただ、いろいろなブースの質疑応答を聞いていると、そもそも人工知能にどんな種類があるのか、どうやって活用していけばいいのかということがわからず、ただ闇雲に情報収集をされている方が多かったように思いました。
AI技術を活用していただくためには、やはり正しい知識を持つことの重要性を改めて感じました!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)入門セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ
通称:マサミ
アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。

LINE@

Facebookページ