AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  機械学習用ライブラリ「Chainer」の重みとバイアスの設定について

公開日:2017.07.10 [最終更新日]2017.10.23

機械学習用ライブラリ「Chainer」の重みとバイアスの設定について

カテゴリー: AI(人工知能)の作り方

前回の記事「機械学習用ライブラリ「Chainer」の学習率パラメーターについて」に引き続き、Chainerのパラメーターについて書きたいと思います。
今回は、重みとバイアスの設定について書きたいと思います。
重みとバイアスの値はどちらもLinear関数内で設定されています。

まずは、重みについてですが、「wscale」で設定された範囲でランダムに重みが設定されるようになっています。
「wscale」初期値は0.01となっており、ここを変更することで重みの初期値の範囲を変更することができます。
ちなみに、重みの初期値を指定したい場合は、「initialW」で設定することができます。

続いて、バイアスの設定ですが、「no_bias」が「True」に設定されているとバイアスはなくなり重みだけの設定になります。
戻り値はVariableです。
「no_bias」を「False」に設定することでバイアスが設定され、初期値は「0」となります。
初期値を設定する場合は「initial_bias」で設定することができます。

皆さんも色々と試してみてください♪

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)入門セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ
通称:マサミ
アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。

LINE@

Facebookページ