AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  みんながいつも使っているAI(人工知能)とは!?

更新日:2017.03.27

みんながいつも使っているAI(人工知能)とは!?

カテゴリー: AI(人工知能)の豆知識

こんにちは、AI研究所の見習い研究員マサミです。

今回は、皆さんが普段使っている人工知能についてお話ししたいと思います。

まず、人工知能の定義についてですが、
日本の人工知能研究の第一人者である松尾豊氏は、自身の著書において、人工知能は人工的に作られた「人間に近い知能」と定義されていました。

「人間に近い知能」とは、何なのかひも解いていけばいくつかの要素に分解することできます。
そのうちのひとつが「学習」です。様々なデータの中から有力な情報を抽出し、今までの思考パターンを改善・進化することができるコンピュータおよびシステムは人工知能と言えます。

学習できるコンピュータおよびシステムとは、膨大なデータを元に自らが自動的にルールや知識を抽出し自動的に学習できます。

実は身近に学習をしている「人工知能」があるのをご存知ですか?
それは「検索エンジン」です。検索エンジンは、インターネット上にある無数のウェブサイトを巡回し、サイト内で使用されている文字列の中から、そのサイトの特徴を認識・学習します。
誰かから入力されて判断を下すのではなく、自動的に「質の低いコンテンツ」や「有害なコンテンツ」を見分けることに成功しています。
そして独自の基準で表示順を変更しているのです。

検索エンジンに搭載された「学習する人工知能」はいまだに進化を遂げています。
今後、表示される結果の精度がもっと上がることでしょう!

次回は機械学習の種類についてお話ししたいと思います!

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)入門セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ
通称:マサミ
アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。

Facebookページ